« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

大沢温泉 菊水舘(3)

大沢温泉の楽しみの一つに食事もあります。
お湯は勿論ですが、こちらの食事は何度来ても素晴らしいですね。
決して高級食材ではないもの、旬の地場食材を吟味して美味しく、しかも離れた山水閣の厨房から運ばれて来ているのに温かいものは温かく。※ちなみに高級食材(アワビ、フカヒレ、前沢牛など)のオプションメニューもあり。

Imgp60221泊目のお品書き
こちらは季節毎の変わりメニューです。

Imgp6023最初のお膳の様子。

Imgp6025旬の山菜をあしらった前菜。 

Imgp6024お刺身も新鮮です。



その他の品も順不同で・・。

Imgp6028Imgp6026

Imgp6032Imgp6030

Imgp6027Imgp6033

連泊すると当然のように2泊目はデザートに至るまで変わり膳に。
2泊目の食材はその日に仕入れたものを料理長のアレンジで献立するため、原則お品書きが出ないんですね。


2_2しかし・・ばび的には是非ブログで紹介したいとダダをこね、無理やり料理長さんに手書きで書いて頂いたものを後日郵送して頂きました。
大変恐縮でした。
ありがとうございました。



2日目のお膳の様子です。Imgp6045

Imgp6047Imgp6046

Imgp6048Imgp6049一品一品吟味されていて手が込んでいます。毎度大満足。

続いて朝食膳のご紹介を。Imgp6034

Imgp6035サラダバーがあり、セルフで採り放題。
ドレッシングが3種類。右下トマトソースが美味しかったです。

クオリティが非常に高く、毎度美味しく頂けました。
今回も満点です。

大沢温泉 菊水舘さんの楽天トラベル宿情報

大沢温泉 菊水舘さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

大沢温泉 菊水舘(2)

まずは大沢の湯へ。Imgp6009この時期の露天はヤブ蚊やアブに注意が必要ですが近くに藪がないせいか比較的大沢温泉はその心配が無いですね。
平日というのに日帰り客で賑わっていました。

Imgp6011前回は雪見露天だったんですが、深緑の大沢の湯もいいもの。
トロ~リうなぎ湯で、川風に冷まされた源泉は肌に心地よい適温。

Imgp6037こちらは山水閣側の「豊沢の湯」。
この時期には前面の窓が開放されて半露天の趣に。

Imgp6038カラン周りも充実。

Imgp6041さて、これが女性専用露天「かわべの湯」。

Imgp6043別角度から。前回は紹介していなかったので。。

Imgp6021これは菊水舘の内湯「南部の湯」。

Imgp6018ここの内湯が一番落ち着きますね。
温度、サイズ、木枠の造り、空いてる、と申し分無し。

Imgp6012泉質表示 
源泉名 大沢温泉(大沢の湯)
泉質 アルカリ性単純泉(低張性アルカリ性高温泉)
泉温 51℃ pH 9.0
湧出量 753L/分
無色透明にして、微かな塩味微かな硫化水素臭を有する
加水なし 加温なし 循環ろ過 一部 消毒処理 一部


前回ブログ もご参照あれ。


次回は食事をご紹介・・。

大沢温泉 菊水舘さんの楽天トラベル宿情報

大沢温泉 菊水舘さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

大沢温泉 菊水舘(1)

Imgp5999今年1月以来半年ぶりの大沢温泉。前回の宿泊でとても気に入ってしまい、今回は何と連泊してしまいました。

Imgp6001前回の雪見露天と違い、この新緑シーズンの絶景露天(大沢の湯)もまた良し。菊水館の内湯の木枠風呂(南部の湯)に和むもまた良し、でのんびりと魂の洗濯を・・。

Imgp6003今回泊まった部屋は「松の三」という2階の部屋。
前回泊まった「松の五」の隣になります。

Imgp6005角部屋ではないものの、ロケーションはほぼ前回同様。
広縁、次の間付きの広い和室は大正浪漫溢れる趣のある鄙び間。
リーズナブルプランの「梅の間(1階)」とは約1,000円ほどの差額ですが、食事内容もアップグレードするらしいので、お得感は高いと言えますね。

Imgp6008外観はこんな感じ。

ではお風呂へ・・。

大沢温泉 菊水舘さんの楽天トラベル宿情報

大沢温泉 菊水舘さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

盛岡つなぎ温泉温泉 ホテル大観(3)

今回はリーズナブルなプランだったんですが食事は結構充実。総じて満足なものでした。

Imgp5964お品書き。

Imgp5966実は今回のプランは“自家源泉の開湯を祝しまして!スペシャル♪”というプランだったのですが、苦手な物を事前に伝えておいたら、なんと勝手にメニューが変ってしまっていました。

Imgp5970その旨、テーブル付きのスタッフに伝えたところ、「くずまき高原豚のしゃぶしゃぶ」は無料で追加され・・。

しかし、事前にメニューを替えても良いかどうかは確認すべき。よしんば止む無く替えたとしても客から問いかけられないと答えないでやり過ごすのはどうしたものでしょうねぇ。

Imgp5972Imgp5971まぁ、会席膳は次々と温かいうちに運ばれてきたので、味、質とも文句は無いレベル。

Imgp5968お造り4点盛はまぁ悪くなかったが・・。

Imgp5967ステーキは肉質がイマイチ(輸入牛?)
よく焼いても軽く乳臭い含み香がして頂けなかったですね。

Imgp5974「ひとめぼれを使った季節の釜飯」。
美味しかった。

Imgp5975デザートはメロン。

Imgp5976翌朝の朝食は会場バイキングで。

Imgp5977味はまずまずです。

和食については、盛岡市内でも指折りの日本料理店「梓(あすさ)」を経営しているだけあって、味、質とも高いレベル。
安いプランでも手抜きは無いです。
お湯の質も良いので一度は出かけてみては?

盛岡つなぎ温泉 湯守 ホテル大観さんの楽天トラベル宿情報

つなぎ温泉 ホテル大観さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

盛岡つなぎ温泉温泉 ホテル大観(2)

自家源泉100%掛け流しの加水加温無しのお湯はどうだったかというと。。
Imgp5942部屋のある水明館から浴場までは広い館内の両端なので結構移動距離あり。館内を5、6分は歩きました。
階段の上り下りもあり、バリアフリーとは言い難いですねぇ。

Imgp5943

Imgp5944 脱衣所は広く、設備、アメニティも充実。
写っていませんが、鍵のかかる貴重品ボックスもあり。

Imgp5946広い大浴場は浴槽が2つ。
20~30人は入れそうな大きな石造りと、

Imgp5947古代檜の7、8人ぐらい入れそうな浴槽。
大きなほうはやや熱め、古代檜は浅めぬるめ。

単純硫黄泉ですが、湯口付近で軽いゆで卵臭がする程度。白濁で、すべすべした柔らかなお湯だ。湯の花は白いカス状のもの。


さて、露天へ。Imgp5952こちらは内湯よりややゆで卵臭が強い感じ。
御所瑚が見渡せるロケーションは気持ち良いです。

Imgp5950温度も42℃前後の適温で長湯出来る。湯の花も豊富で湯口付近の底に堆積していました。

Imgp5951 お湯の由来が書かれてありました。

Imgp5962外には打たせ湯も。

再び内湯へ・・。Imgp5954カランも大ホテルだけに豊富。
14、5基はありました。

Imgp5955シャワー1基にボディソープ、シャンプー、コンディショナーと。

ちなみにサウナもあり。

Imgp5957源泉名:つなぎ温泉(大観の湯)
泉質:単純硫黄泉(低張性アルカリ性高温泉)
泉温:52.4℃ pH :9.0


湯上りはすべすべで温まるお湯。
塩素臭も皆無で、なかなか良いお湯でした。


次回は食事をご紹介。

盛岡つなぎ温泉 湯守 ホテル大観さんの楽天トラベル宿情報

つなぎ温泉 ホテル大観さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

盛岡つなぎ温泉温泉 ホテル大観(1)

新しく自家源泉「大観の湯」が開湯。
全てのお風呂が源泉掛け流しになったとCMが流れていたんで、連休明けのリーズナブルなプランを見つけて、つい泊まりに行ってしまいました。以前に泊まった時は掛け流しではなかったので、お湯の印象はあまり・・。
接客もソコソコのイメージしかなかったんですが、今回は全て満足できるレベルでした。ともかくお湯が良いです。一度日帰り湯でもお試しあれ。

Imgp5934さて、玄関前の車寄せに2台のBMW。
実は翌日の予定がそれぞれ違うため現地解散の一人1台のランデブーツーリングとなり。
盛岡駅から送迎バスもあるらしいのでご確認を。

Imgp5936部屋は別館「水明館」。10畳広縁付き。
新しくは無いが掃除は行き届いてます。

Imgp5938広縁の窓はレイクビュー。御所湖が一望できます。

Imgp5939洗面ドレッサー周りのアメニティもまぁまぁ。

Imgp5941シャワートイレ付き。

Imgp5940冷蔵庫の空きスペースも少しなら取れそう。

これで食事がよければ今回のプラン1泊2食で一人7800円(税サ込み・入湯税150円別)は破格値かも。

次回はお風呂をご紹介。
・・続く。

盛岡つなぎ温泉 湯守 ホテル大観さんの楽天トラベル宿情報

つなぎ温泉 ホテル大観さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

麺飯処 一見家

Imgp5981盛岡市内からなら国道106号線 茶畑十文字交差点を宮古方向へ。
ローソンの看板を左手に見て左折。国道をちょっと入った閑静な住宅街の一角にあります。

Imgp5978麺も定食物も美味しいんですがオススメはお昼の日替わりランチ。

Imgp5979この日は豚肉と玉子のカレー炒め。
カレー風味のピリカラさ加減が絶妙でした。
食材が吟味されていて下ごしらえもバッチリで、何度行ってもその都度変化があり美味しく頂けます。


麺飯処 一見家
岩手県盛岡市東中野町14−1
電話 019-626-6165

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

湯川温泉 御宿 末広(3)

Imgp5907さて、評判の食事。場所は個室の食事処で。実はこの部屋のタイプが本来予約していた部屋・・10畳ですが意外に狭く感じました。

Imgp5909この日のお品書き。

Imgp5914すっぽんの肝と胆汁を割ったお酒もサービスで。

Imgp5906最初に並んでいたお膳。

Imgp5908

Imgp5904 旬の山菜づくし。
特に生の山独活(ウド)をお味噌で頂いたのが絶品でした。

Imgp5910山菜刺身三種(シドケ、アザミ、ホンナ)を3種類のそれぞれ拘りの薬味(左から醤油、オリーブオイル、塩)で頂く。(※本醸造丸大豆がとかエクストラヴァージンがどうとかは省きます)

まるで美味しんぼの漫画の対決シーンに出てきそうな。。

Imgp5916

Imgp5915岩魚もお刺身と炭火焼でアツアツを。

Imgp5918天麩羅は岩魚煎餅、行者大蒜。

どこぞの高級料亭のような使い回しはありません。念のため。

Imgp5911これがお待ちかねの“すっぽん鍋”。
プリプリでコラーゲンたっぷり~♪。
意外にしつこくない、さっぱり味。

Imgp5920あとで、雑炊にもなります。

Imgp5919稲庭うどんもついてました。

Imgp5933翌朝の朝食膳も同じ処で。

Imgp5930お膳はこんな感じでした。

Imgp5932何と自家製の出来たてお豆腐も付きます。


朝夕とも平日のせいか、女将自らお給仕して頂いて大変恐縮でした。
味、ボリューム、質、旬の地場食材をふんだんに使った季節感、文句のつけようが無い素晴らしい物でした。

御宿 末広さんの楽天トラベル宿情報

湯川温泉 御宿末広さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

湯川温泉 御宿 末広(2)

さて、湯川温泉のお湯は以前に「ふるさと」さんや「春山荘別館」で体験済みですが、どうも印象はいま一つ。インパクトに欠けるかな。
まぁ、源泉掛け流しのお湯はほぼ無味無臭。刺激の少ない弱アルカリ、肌あたりの良いお湯で、湯上りは割りとさっぱりした感。

Imgp5895浴室は内湯のみで男女各1だが、夕食後に入れ替え有り、なので両方楽しめます。

まずは右の浴室(男湯側)へ。Imgp5898源泉名 湯川中ノ湯温泉(混合泉)
泉質 ナトリウム、塩化物、硫酸塩泉(低張性アルカリ性高温泉)
源泉温度 68.8℃ 使用位置 43℃ pH 7.9

脱衣所の様子。Imgp5897冷水器あり。脱衣籠だけでロッカーはなし。

Imgp5896洗面ドレッサーが3基。アメニティも充実。

Imgp5903こちらはタイル張りの浴槽。

Imgp5901

Imgp5902やや熱めのお湯だったが、どうにか加水無しで入れました。
大浴場というにはちょいと狭いかな、というサイズの湯船。
4、5畳ほど。
どちらかといえばヌル系ではなくサッパリ系の肌当たり。

Imgp5900カラン周りも充実してて宿の拘りが伺えます。


さて、女湯側は・・・。

Imgp5923脱衣所のスペースはやや狭いものの、装備面は同様に充実してます。

Imgp5926 こちらの浴室は狭いながらも木枠の好きなタイプの浴槽だ。
木の香が心地よい感じ。広さは2畳ほど。

Imgp5925洗い場のスペースの都合でカランは3つ。

Imgp5927

Imgp5928湯口付近と掛け流しの様子を・・。


次回は食事をご紹介。

御宿 末広さんの楽天トラベル宿情報

湯川温泉 御宿末広さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

湯川温泉 御宿 末広(1)

Imgp5879すっぽん料理の割烹で有名な「末広」さんには以前から一度行ってみたいと思っていました。
高級宿のイメージが強いので中々料金設定が高めかと思っていましたが、案外リーズナブルなプランが平日にあり、訪れてみました。

Imgp5880

Imgp5894

Imgp5893

Imgp5892

Imgp5922 フロント、ロビー、廊下、階段と全面畳敷きの館内は今風お篭り宿の和モダンなセンスの良さが漂います。フロントでの出迎えは女将自ら。
とても愛想の良い美人の女将さんでした。

平日で空いていたのか、女将の計らいで部屋をアップグレードして頂きました。 Imgp5881なんと和室18畳・洗面シャワートイレ付き。
「結」という特別室。普通なら一人2万円近くするお部屋。

Imgp5891目隠しの付いた中庭。

Imgp5885

Imgp5889

アメニティもバッチリで大満足。
このお部屋タイプは1部屋のみ。

Imgp5886入り口にはミニ文庫も。


次回はお風呂をご紹介。。

御宿 末広さんの楽天トラベル宿情報

湯川温泉 御宿末広さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

休暇村 田沢湖高原

さて、2月以来の 休暇村 田沢湖高原。前回が良かったので、ポンと休みが取れたんでそりゃっ!ってな感じでまた来てしまいました。

Imgp5852深緑の玄関前。

Imgp5872まだ残雪もありました。

Imgp585410畳広縁付きの禁煙ルーム。

Imgp5857

Imgp5856

Imgp5855設備、アメニティとも充実。 浴衣の替えもあり。

Imgp5870

Imgp5867

Imgp5873

スタッフの愛想も良し、クオリティはいつも変らず。

Imgp5861

Imgp58622種類の源泉。
特にアブラ臭のする炭酸水素塩泉(乳頭の湯)は好きなお湯です。

Imgp5853本当に落ち着く良い宿。最近一番のお気に入り。
詳しくは前回ブログにて。

乳頭温泉郷の湯めぐりの拠点にも最適なロケーション。

休暇村 乳頭温泉郷さんの楽天トラベル宿情報


休暇村 乳頭温泉郷さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

山の神温泉 幸迎館(4)

さて、評判の高い食事。
夕食は食事処で。Imgp5796お品書きがしっかりテーブルに添えてあります。
スタッフの説明も大変丁寧で好感。

Imgp5803食事内容も温かいうちに次々とお膳が運ばれる会席膳で質、量、タイミング、味とも充分納得。スタッフの接客態度は“おもてなしの心”が伝わって来ます。

Imgp5800 Imgp5797

Imgp5798Imgp5804

Imgp5801Imgp5799

Imgp5802Imgp5806

Imgp5805Imgp5807

Imgp5809Imgp5810

Imgp5811

Imgp5813翌朝の朝食も同じ会場で。 こちらはバイキング形式。

Imgp5814地元食材をふんだんに使い、好感の持てる内容。味も大変美味しいものでした。

Imgp5815チェックアウト時にもロビーでコーヒーのサービスが。
ホットorアイスもチョイスできます。

食事時に自分の不注意で指先を火傷してしまった時もすぐ氷を用意してくださったり、、露天でヤブ蚊に刺された時も塗り薬を持ってきてくださったり、お風呂場に忘れたネックレスも届けてくださったり、本当にお世話になりました。

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑さんの楽天トラベル宿情報

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑 さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

山の神温泉 幸迎館(3)

Imgp5766こちらは内湯のみの「こもれびの湯」。

Imgp5768Imgp5767

日帰り客の多い「豊沢の湯」と違い、こちらは利用者が少ないです。



日帰りでも二ヶ所のお風呂が利用出来ますが、 意外と知られていないよう。

Imgp5771源泉名 山の神温泉(寿の湯)
泉質  アルカリ性単純温泉
泉温  40.6℃ pH 9.2
若干の加温があり。

Imgp5769こちらもやはりヌル~リとうなぎ湯。
温度も適温42度前後に調整されているようです。

Imgp5776湯口付近からは微かな硫黄の匂いが。
赤茶けた澱(オリ)のような湯の花がフワフワと散見出来ます。

Imgp5780露天ではないものの、ガラス張りの温室の様な造りは開放感があり、空いていることも相まって実に気持ちがいい浴室。
一人でしばらく庭をぼ~っと眺めながら長湯してしまいました。

Imgp5773カランも多数あり。
備品も「豊沢の湯」同様充実しています。

Imgp5782壁画が見事。

浴後はこちらも無料のお休み処があり、冷水も置かれていました。

さて、次回は食事篇を。。

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑さんの楽天トラベル宿情報

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑 さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

山の神温泉 幸迎館(2)

Imgp5763さて、評判のお風呂。
まずは日帰りも出来る「豊沢の湯」。
こちらは平日でも日帰り客で日中は賑わっています。

Imgp5794ちなみに日帰り入浴は600円(大人)、10:00~16:00(受付終了)17:00まで。

Imgp5765Imgp5764脱衣所も贅沢な造り。鍵付きロッカーあり。

Imgp5793広い浴室。
内湯は20人は入れそうなスペース。

Imgp5789湯口から微かに硫黄の匂いのする透明なお湯が掛け流されています。
とろ~りとした肌触りのうなぎ湯。湯上りは肌が凄くすべすべに。

Imgp5790

Imgp5792カランも多数(10個)ソープ類も色々とり揃えてあり、600円は納得。

Imgp5783豊沢川沿いにある露天も広い。眺めも最高。

Imgp5786但しアブやヤブ蚊多数なので要注意。。
自分もこの撮影で3箇所やられました。。

源泉名 山の神温泉(福の湯)
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温 42.3℃ pH 9.2

次回は内湯「こもれびの湯」をご紹介。。

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑さんの楽天トラベル宿情報

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑 さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

山の神温泉 幸迎館(1)

Imgp5749花巻南温泉峡にある温泉。
場所は大沢温泉と鉛温泉の間 豊沢川沿いに建っています。
3年ほど前に営業中止していた施設をリニューアルオープンした宿。
うなぎ湯系のとろ~りアルカリ泉が評判のお湯らしいです。
高級宿だったので、なかなか泊まれないでいたが、GW前のリーズナブルな企画が出たので思わず予約を入れてしまいました。

Imgp5754広大な敷地にはまるで寺社仏閣のような贅をつくした木造の施設。

Imgp5751中央にフロント、売店、レストランがあり左右に宿泊棟、温泉棟、休憩棟などの建物がずらりと並びます。

部屋に通されるまでの間、フロントスタッフ始めすれ違う従業員さんは皆さん笑顔で挨拶してくる。当たり前の様だが実に気持ちがいい。これは接客の基本ですね。

泊まった部屋は何と15畳もある部屋。しかし・・広縁が無い・・・しかも窓が奥まっている造りのため風通しもイマイチ。。

Imgp5752部屋の様子・・あれ?テレビが無い・・と思ったら。。

Imgp5758テレビは・・窓際の戸棚の中に。

Imgp5759高級宿らしく浴衣は替えが付いています。

Imgp5757Imgp5762

空の冷蔵庫、温水洗浄便座と設備面で不満は無し。
この辺は流石です。



次回は評判のお風呂を紹介。。

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑さんの楽天トラベル宿情報

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑 さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

八幡平温泉郷 温泉&グルメ パレット(2)

夕方ともなればダイニングルームには小粋なジャズが流れています。

Imgp5711

Imgp5717オーナーさん(ご主人)の趣味はF-1。アイルトン・セナのファンらしく、コレクションがダイニングに飾ってありました。

さて、評判の食事。Imgp5709本当に素晴らしすぎます♪

Imgp5712これは軽く炙った生タラバ♪

Imgp5714

Imgp5713

Imgp5715地元食材をふんだんに使い、味、ヴォリュームとも文句無し。秋保あたりの高級ホテルに勝るとも劣らない、いやぁ、都内の高級ホテル並の本格ディナー。
オーナーさん只者では無い!どっかの湖畔の宿とは大違い(笑)

Imgp5718特にシャトーブリアンのお肉は「どんだけ~~!!」って言うくらい柔らかくジューシーでヤバイ美味しさです。

Imgp5720デザートも全て絶品の美味しさでした。

Imgp5724さて、翌朝の朝食は。。

Imgp5723

Imgp5721全て完璧!

特に自家製のパンが焼きたてで絶品の美味しさでした。

こらからの季節、平日が特にオススメかも。
な~んにもしないで温泉とグルメだけ楽しんでも全然オッケーでした♪

温泉&グルメ パレットさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

八幡平温泉郷 温泉&グルメ パレット(1)

元パン職人のオーナーさんが作る手作りパン・生タラバ蟹・牛ステーキの数々に舌鼓♪
客室は全室テレビデオ付(ソフト900本貸出可)。夕食は、高品質の黒毛和牛ステーキがメインのフルコース。希少なシャトーブリアンが頂けるプランも有。掛け流しの温泉が注ぐ檜の浴室は貸切OK。
と、じゃらんにあったので評判を聞きつけて出かけて見ました。

1玄関前。
松尾八幡平ICから寄り道しなければ15分ぐらい。

2部屋の様子。ペンションなのでそれなりですが、静かで清潔でした。
近くの木々のざわめきや野鳥のさえずりが心地よいです。
強いて云えばお部屋の風通しがイマイチかな。

Imgp5701ちゃんと浴衣とタオルは付いてます。

4廊下の様子。

5ペンションなので洗面所は外だが、平日なら他の客と出くわすこともそうないですね。

Imgp5702お風呂は源泉掛け流し。
1階にある浴室は普段は男女別各1だが、平日で客が少ない時は貸切で使用可。予約は要らず、「使用中」と札を返して内鍵をする方式。

Imgp5708泉質表示 

源泉名 八幡平温泉 マグマの湯
泉質 単純硫黄温泉(硫化水素型)
泉温65℃ pH4.4

Imgp5703

Imgp5704

Imgp5705貸切で使え、のんびりさせてもらいました。
湯力のある硫黄泉は硫黄の香りがプンプンと湯の花も豊富な濃い目のお好み湯で最高でした。

Imgp5707浴槽は3、4畳程の広さ。洗い場も狭くなく充分なスペースが。
内湯だけですが、陽が入るので昼間は充分心地よかったです。

Imgp5706吐出量を湯口の上にあるバルブで客が調整出来るので水で埋めなくても割りと適温にしやすい。


次回は評判の食事篇を・・続く。

温泉&グルメ パレットさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

松尾八幡平の桜

Imgp5686前週、観に行った角館の桜は旬を過ぎてしまい、葉桜に・・。
今年の桜は本当に早い早い。。(汗)異常気象かなぁ。。
然らばGWにどんぴしゃなタイミングで咲いている所は?と、
松尾八幡平へ花見のリベンジ(笑)
ここは標高が高いからGWの花見スポットとしてはおすすめかも。

Imgp5685岩手山の残雪も美しい~♪

7
Imgp5690運動公園の桜が満開。

Imgp5725こちらは松尾八幡平IC付近にある一本桜。


宿は松尾のペンションの中でも特に食事が美味しいと評判で、なんと温泉も 源泉掛け流しの貸切風呂があるという「ぱれっと」さんへ・・続く。。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

田沢湖畔イスキア(3)

さて、評判の良い食事はどうだったかといえば・・。

Imgp5665夕食はレストランで。この日は地元の女性の団体さんがセンターの一角を占め、大賑わい・・(かしましいというか・・)

若女将が宿泊客のテーブルをお詫び方々挨拶に回るが、もう少し窓際に回して離すとか一工夫有った方が良いかと。。

Imgp5667献立表。
各テーブルに無造作に配置されているだけ。
特にこの日のメニューが書かれているわけではないです。
高級感を演出するためにも一工夫欲しい処。
それと地元食材の使用率を挙げて欲しいですね。
休暇村だとその辺が良く出来ていて好感度が高いんですけど。

Imgp5666アミューズはイイダコのマリネ。
特筆すべき点は・・・残念ながら無し。

Imgp5671スープ。
ポロ葱と新じゃがのスープ。

Imgp5672メインディッシュのステーキは、焼き方も訊かれませんでした。
大きさはかなりのものだが質は国産和牛を食べ慣れている人にとっては首を傾げる筋ばった豪州牛でした。。
あの“妙乃湯”さんがこれじゃぁ・・と辛口の評価になってしまいますねぇ。

※事前に洋食or和食、ステーキorビーフシチューがチョイス出来るので、他のメニューもお試しあれ。

忙しさにスタッフが慣れていないせいか、オーダーを間違えパンでなくご飯が来てしまうわ、取替えに手間取り、今度は肝心のステーキが醒めてしまい、暖め直すわ、で、テンテコ舞いの様子。
レストランのフロアマネージャー?に見えた女性スタッフさん、笑顔でクレーム対応、本当に大変ご苦労様でした。

Imgp5674デザートのイチゴムース。
今夜のディナーでは一番美味しかったものかも(笑)

Imgp5677翌朝の朝食も同レストラン。

Imgp5678こちらはビュッフェスタイルで。
パンが美味しかったです。

Imgp5680レストラン前で、若女将とフロアスタッフさんと。
お世話になりました。

色んな意味を込めて、これからに期待・・としておきます。
スタッフの清清しい笑顔の接客が好印象だったので、まぁオススメ宿。。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

田沢湖畔イスキア(2)

お風呂はアルカリ単純泉の 加水加温循環式ですが24時間入れます。

Imgp5659脱衣所の様子。
パウダーコーナーは洗面ドレッサーが5基。
ドライヤー他、充実のアメニティ。

Imgp5662お湯自体は軽い塩素臭で、微かにヌル系。

Imgp5663適温でしたが特徴の無いお湯でした。

Imgp5661サウナつき(時間帯あり)。

Imgp5660カラン周りは
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、

Imgp5655泉質表示
源泉名:潟前縄文温泉
泉温:9.6℃
pH :6.9


次回は食事をご紹介。。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

田沢湖畔イスキア(1)

Imgp5644
Imgp5641角館は残念でしたが田沢湖畔の桜も遅咲きで満開でした。


Imgp5645さて、田沢湖畔に今年3月オープンした「イスキア」は以前JR東日本がやっていたフォルクローロ田沢湖を、あの「妙乃湯」さんが買い取りリニューアルさせた施設。
妙乃湯の別館といえばあの高級宿「都わすれ」が有名ですが、こちらはリーズナブルな価格設定ながらロケーションの良さ、館内の細やかな配慮、スタッフのサービス、質ともハイクオリティと評判です。Imgp5664ホスピタリティ、アメニティとも妙の湯クオリティに準ずる内容でした。
JRが作った施設に魂を注入した、といったら言い過ぎかなぁ(笑)

Imgp5658館内には女性に評判のエステ施設のほか、アスレチックマシンやマッサージ機などが無料で使えるルームも。

Imgp5648

Imgp5647 部屋は洋室ツイン。可愛らしい室内コーディネートは女性に人気。ベッドも広いですね。

Imgp5653田沢湖が見えるロケーションもまあまあ悪くないですね。

Imgp5649館内用スリッパの他に室内履きが付いてました。
これもリラックスグッズ。

Imgp5652 洗面ドレッサー周り。アメニティは充実してます。

Imgp5650ユニット式のバストイレ付き。 トイレはもちろん温水洗浄タイプ。

Imgp5654冷蔵庫は空の持ち込み専用です。

次回はお風呂をご紹介。。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

角館武家屋敷~抱き返り渓谷

昨年は早すぎて一分咲きだった武家屋敷の枝垂れ桜。

Imgp5621

Imgp5614

Imgp5615

Imgp5613今年はタイミングを計って出かけたつもりだったんですが・・。
やや遅かった感もあり。

Imgp5612これは珍しい緑の桜「御衣黄(ぎょいこう)」、というんだそう。

Imgp5617川原沿いで見つけた八重桜。

Imgp5620河畔のソメイヨシノは散り際の美。

Imgp5618途中で見つけた無人のお休み処。

Imgp5622これは名物の比内地鶏の親子丼。同じく名物の稲庭うどんが付いて1575円でした。まぁ、観光地値段だけどそれなりに美味しかったです。

Imgp5624角館から国道46号線を通って車で15分位田沢湖方面へ戻り、
抱き返り渓谷へ。

Imgp5625

Imgp5626前回は整備中で入れなかったんですが、春爛漫の渓谷美を楽しめました。

Imgp5628

Imgp5632

Imgp5633
Imgp5631

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

田沢湖高原リゾートホテル ニュースカイ

Imgp5577田沢湖高原リゾートホテルニュースカイは水沢温泉郷にあります。
ここは全労災が経営している、いわば公共の宿。

Imgp5595

Imgp5590あいにくの雨でしたが、ここの露天は何時来ても好きな硫黄泉の白濁湯です。

Imgp5597

Imgp5598

Imgp5599食事も天ぷらが揚げたて後出しだったりで公共の宿の割に食事も美味しい。スタッフの応対も合格レベル。

Imgp5605

Imgp5603コーヒーのセルフサービスもあり朝食膳も美味しかったです。


館内はバリアフリー、小じんまりしていますが雰囲気は悪くないです。
おすすめ宿。
詳しくは前回の紹介記事をごらんあれ。

次回は角館近辺をご紹介。。

田沢湖高原リゾートホテル ニュースカイさんの楽天トラベル宿情報

田沢湖高原リゾートホテル ニュースカイさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

田沢湖高原桜並木

Imgp5606さて、春の行楽2008。
第2日めは田沢湖高原の水沢温泉郷の宿「ニュースカイ」まで移動。

Imgp5608途中、登坂は里より高地にあるだけに桜並木が満開で、楽しむことが出来ました。

Imgp5609角館の桜はもう葉桜とらしいので、この桜並木がせめてもの慰め?
 
さて、まもなくホテルニュースカイへ到着。。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

中山平温泉 琢琇(4)

さて、食事篇。まずは夕食膳

Imgp5556献立表がちゃんとテーブルに用意されています。
口頭での説明もいい加減な宿だってまだまだ多いのに流石。

Imgp5557前菜の数々。
どれも工夫されていて美味でしたが、
特に旬のたらの芽黄身揚げが良かったかな。

Imgp5558お造り。
旬の鯛が特に美味しかったですね。

Imgp5559鳴子牛の陶板焼き。
サシの入りも抜群。
ドコゾの輸入牛とは全然違います。

Imgp5561岩魚の味噌田楽。
勿論温かいうちに運ばれてきます。
アツアツを戴ける幸せ。。

Imgp5563蒸篭蒸し。これも温かいうちに。

Imgp5562こんにゃくそば。
こんにゃくとは思えない美味しさでした。

Imgp5565仙台味噌の味噌汁はまた格別。
ご飯もつやつやで文句なし。

Imgp5567デザートはヨーグルトのようでしたが・・このデザインは??・政宗くん??。

Imgp5574_3翌朝の朝食膳。

Imgp5575特製海苔は網で炙って。
食材が吟味されていて美味しかったです。

Imgp5576湯豆腐も付いていたりして。

いつもながら特にご飯が美味いです。
鳴子の宿はともすれば食事がありきたりでおざなりな宿が多いですが、ここは別格。何度でも訪れたくなる宿ですね。

名湯秘湯うなぎ湯の宿 旬樹庵 琢ひでさんの楽天トラベル宿情報

名湯・秘湯・うなぎ湯の宿 琢琇さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »