« 鶯宿温泉 ホテル偕楽苑(1) | トップページ | 鶯宿温泉 ホテル偕楽苑(3) »

2008年1月22日 (火)

鶯宿温泉 ホテル偕楽苑(2)

さて、お風呂へ。Imgp4956浴場への廊下は道路に面していますが幹線道ではないので静か。

Imgp4957翌朝は男女が入れ替わります。

Imgp4959 Imgp4960脱衣所は広く明るい感じ。
掃除も行き届いていて清潔。
パウダーコーナー、鍵の掛かる貴重品ロッカーもあり。

Imgp4976泉質表示。
源泉名 鶯宿温泉(あさひの湯)(混合泉)
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温 51.9℃ pH 8.9

Imgp4964L字型に配置された広い浴槽。
残念ながら100%掛け流しではなく循環併用式。


Imgp4965 Imgp4979 湯口は2箇所。内1箇所は完全掛け流しらしく飲泉も可能。
クセが無くほぼ無味無臭ですが微かに硫化水素臭。

Imgp4967 Imgp4963

カランはシャワー付きで10箇所以上。
備品はリンスインシャンプー、ボディソープの2ボトル。
洗い場は広く、パテーション付きの処も有り。

Imgp4998サウナも有り。




大浴場に続く露天へ。

Imgp4968石組みの露天。
こちらのお湯は掛け流されていたようです。
温度は体感42、3度の適温。

Imgp4972雪見露天は心地よいですねぇ。
湯上り感はしっとりで温まるお湯です。

Imgp4994男女入れ替わって右側のお湯(初日の女湯側)へ。

Imgp4996

Imgp5000 Imgp4995基本的に男湯側と造りは同仕様。

Imgp4999露天は木枠造り。
自分的には石造りよりこちらが好みですね。

次回は食事篇を・・続く。

鶯宿温泉 ホテル偕楽苑さんの楽天トラベル宿情報

鶯宿温泉 ホテル偕楽苑さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 鶯宿温泉 ホテル偕楽苑(1) | トップページ | 鶯宿温泉 ホテル偕楽苑(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶯宿温泉 ホテル偕楽苑(2):

« 鶯宿温泉 ホテル偕楽苑(1) | トップページ | 鶯宿温泉 ホテル偕楽苑(3) »