« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

鶯宿温泉 長栄館

再訪は7月以来。自分的に定宿のピカ1です。
ただ今回は「友の会」チケットではなく、じゃらんネットでの予約。
普段のサービスとの微妙な違いなどが判った宿泊でした。

1顔馴染みの車両係さんにキーを預けると、いつものように屋根付きの駐車スペースに移動してくれます。この辺は変らないですね。
暮れの29日ということもありこの日は満室。にも拘らずフロント係さん始めスタッフの笑顔の応対もいつも通り。チェックイン時のシート記入はこの日は部屋に案内されてから。

Imgp4770

Imgp4771部屋は新館側の5階。10畳広縁付き。
フロント係さんに案内され、館内の説明、
その後客室係さんがチェックインシートを持って来てくれます。
夕食時間の希望を伝え、お茶を入れて貰います。
この日の担当は前回、前々回と同じ方。この辺の配慮は流石。

Imgp4775お茶受けはこんな感じ。

Imgp4777 Imgp4774

洗面ドレッサー回りのアメニティも充実。
トイレは勿論温水洗浄付き。

Imgp4773持ち込みスペースが殆ど無い冷蔵庫。

Imgp4778夕食膳はこんな感じ。
今回はじゃらんネットのプラン、
「源泉温泉水の地ビール付1泊2食プラン」というやつ。

Imgp4788これが件の地ビールです。

Imgp4793この日の献立表。
但しじゃらんネットのプランだと煮物「海老芋田舎煮」が省かれます。
致し方ない事とはいえ、改めて別立ての献立表を用意して欲しいものですねぇ。

Imgp4780

Imgp4781

Imgp4784Imgp4786

Imgp4791Imgp4792一品一品手が込んでいて、どれもクオリティの高い料理が温かいうちに運ばれてくる対応は流石。だからこそ余計に献立表の件がやや不満が残る対応ですねぇ。
最初から献立表を別に用意すれば客に余計な差別感を懐かせなくて済むので是非その辺は改善して欲しいものです。

Imgp4795翌朝の朝食膳。いつものクオリティでしたが、
楽しみにしていた紀州の梅が今回は「牛そぼろ諸味噌漬け」に。
献立表にあった「なめこみぞれ煮」も何かの佃煮になっていました。

Imgp4776お風呂はいつも混んでいて撮影は自粛。
バックナンバーをご参照下さい。

総じて高いクオリティのおもてなし変らない感じ。多忙期を避ければ細かな部分も対応がより良いかとも思います。自分的にベンチマークの地位は変らない宿。

鶯宿温泉 長栄館さんの楽天トラベル宿情報

鶯宿温泉 長栄館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

休暇村 岩手網張温泉

昨年の12月、今年の2月に続き、またまた再訪。
ここのお湯は硫黄泉の源泉掛け流し。
食事は地物をふんだんに使い、バイキングも会席も悪くないです。
スタッフの応対の良さも評判の1つ。

Imgp4729この日は網張スキー場のオープンもあり、スキー客で賑わっていました。

Imgp4730部屋は10畳広縁付き。いつも清潔でスキがない感じ。

Imgp4733テーブルの上にはこんなお茶受けが。

Imgp4734 Imgp4735

洗面ドレッサー回りのアメニティも充分。トイレも勿論温水洗浄付き。

Imgp4732窓のツララが凄い長さ。
冬景色を堪能できました。

Imgp4742夕食はバイキング形式をチョイス。

Imgp4739クリスマスナイトですが、ここにきたらやっぱりお酒は「もっきり」でしょう。
いつもキュートなスタッフさんが 表面張力一杯に注いで下さいます。
  Imgp4741適当に取って来ましたがどれも地の物を使い美味しかったです。

Imgp4743特にお汁は「南部つみれ汁」、これが実にウマイ。

Imgp4749食後はビンゴ大会で盛り上がり。

Imgp4751翌朝の窓辺。

Imgp4752朝食はバイキングで。洋食も勿論選べます。
地物のソーセージ、自家製パンが美味しかったです。
勿論小岩井牛乳も○。



今回は凄い混雑だったんで お風呂画像は無し。
前回レポをご参照あれ。

休暇村 岩手網張温泉さんの楽天トラベル宿情報

休暇村 岩手網張温泉 さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

水沢温泉郷 駒ケ岳温泉(4)

さて、食事はどうでしょう。
何と行っても鶴の湯系列、期待は高まりますねぇ。
夕食時間はある程度希望が言えます。18時30分に設定。場所は大広間で頂きました。

Imgp4692最初に並んでいたお膳。

焼き魚や鍋物は後からタイミングで出てきました。
秋田の食事はいつも濃い目の味の印象が強いですが
ここは割りと淡白目だったかなぁ。

 

小鉢3品
Imgp4694えびの酢の物ととんぶり和え。

Imgp4693長芋とナラタケのだし醤油。

Imgp4697蕎麦豆腐。
さすがは「そば五郎」。

Imgp4699八幡平ポークと季節の野菜の陶板焼き。
臭みが無くてさっぱりした味。自家製のタレで。

Imgp4695岩魚のお刺身。
川魚にしては意外に味が濃厚。美味しかったです。

Imgp4700岩魚の香草焼き。
ワタを取り除き行者大蒜が詰めてある逸品。
焼きたてで香ばしく頂きました。

Imgp4696かぶとえびの煮物。

Imgp4705えびいも饅頭。
こういうしんじょ物は大好物。

Imgp4702名物「山の芋鍋」。
クオリティは鶴の湯のそれ。

Imgp4707「そば五郎」の十割はつけ蕎麦で。
しっかりコシあり。

Imgp4708デザートは地元産のりんご「ふじ」を。

Imgp4727翌朝の朝食膳は館内の「そば五郎」で。

Imgp4728こちらも一工夫した品々で満足のレベルでした。


まさに別館山の宿で味わったものとほぼ同等のクオリティ。
献立表を頂けなかったので帰宅後電話したらお礼状を添えられて速達で送って頂きました。

秋田駒ケ岳温泉はお湯良し。人良し。価格良し。
リーズナブルに鶴の湯クオリティが味わえる良宿です。
ブレークする前にもう数回は訪れたいですね。

駒ヶ岳温泉さんの楽天トラベル宿情報

駒ヶ岳温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

水沢温泉郷 駒ケ岳温泉(3)

さて、今日のご紹介はここ駒ケ岳温泉のメインの内湯。
評判のお湯は日帰りでの利用客も多いと聞きます。

Imgp4709フロント左手には日帰り湯の自販機があり。
大人400円、休憩入浴1000円。

Imgp4689右手側、内湯入り口には鍵の掛かるロッカーも。

Imgp4688入り口には泉質表が掲げてあります。
源泉名 駒ケ岳温泉
泉質 含硫黄-カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)
泉温 56.8℃ pH 5.9

Imgp4690内湯の脱衣所はソコソコの広さ。
連日日帰り客で賑わっているようですね。
脱衣籠と洗面台(ドライヤー付き)あり。

Imgp4722中に進むと、大きなガラス越しに渓流を望めるロケーション。
そして大好きな硫黄泉のにごり湯が。
湯船は7、8畳程の大浴場。

Imgp4721

Imgp4717

洗い場も広い感じ。
カランは全部で10基。全てシャワー付き。
備品はボディソープ、リンスインシャンプーあり。Imgp4720入って右手にあるうたせ湯。

Imgp4723湯口付近が一番湯の花も多く、香ばしい硫黄臭。
掛け流しで、飲泉も出来ます。
湯の花はこちらも白砂状のサラサラが湯口付近から湯底一面にうっすらと堆積。かき回すとお湯が白濁。
泉温も43度前後といい湯加減でした。

Imgp4725お湯が溢れて足元が滑らないように水面に付いている排出口。

Imgp4724内湯から見る雪景色も悪くない感じ。

このお湯に入って「そば五郎」でお昼して・・・って日帰り湯プランも。
アクセスも乳頭温泉ほど遠くないし、田沢湖駅から送迎もあるらしいし。


さて、次回は食事篇を。。

駒ヶ岳温泉さんの楽天トラベル宿情報

駒ヶ岳温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

水沢温泉郷 駒ケ岳温泉(2)

お風呂は男女内湯の他、渓流に面したロケーションの貸切露天が2つ。
この露天は日帰りは1000円ですが、宿泊者は内鍵が空いていれば予約無しで無料で利用可。


まずは露天のご紹介。

Imgp4674 Imgp4675
一旦長靴に履き換え、別棟の湯小屋へ。
徒歩1分程度。


Imgp4676貸切露天だけあって、広くは無い脱衣所。

Imgp4678レトロな傘付き電灯の演出といい、鶴の湯別館「山の宿」の露天に似た感じ。

Imgp4686別角度から。こちらの方が一回り以上広く4畳ほどはあり。

Imgp4679湯口から滔々と流れてくる源泉は秋田駒ケ岳温泉。
水沢温泉の混合泉とも似ていますが、こちらの方がやや香ばしさが抑えられた硫黄臭。勿論源泉掛け流し。湯加減も丁度良い感じ。
湯の花は白砂状でサラサラしていました。
飲んでみると、ゆで卵臭のある微かな塩味。

泉質 カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-塩化物泉
泉温 52℃ pH 6.5

Imgp4684渓流を望む雪見露天としては絶好のロケーション。
今回は向かって右側に入りました。


夜に左側にも。Imgp4713

Imgp4715造りは左右対称ですが、夜はライトアップされていて幻想的でした。


次回は内湯を紹介。

駒ヶ岳温泉さんの楽天トラベル宿情報

駒ヶ岳温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

水沢温泉郷 駒ケ岳温泉(1)

このクリスマス3連休で2連泊と洒落込んできたのでご報告。

Imgp4663まずは秋田県 田沢湖方面の水沢温泉郷にある駒ヶ岳温泉さんから。

Imgp4664こちらは旧名「山荘ももしろ」だった所を最近リニューアル。経営はあの有名な「鶴の湯」さんの系列(息子さんがやっているらしい)というから期待が高まります。
休前日も同料金で、今回のプランは一人1泊2食で11000円(税、サ、入湯税込み)というから破格値。

Imgp4666玄関前の雪除けの風除室スペースには清水があり、飲んで行くも良し。汲んで帰りにお持ち帰りもOK。
Imgp4668フロントを抜け正面には田沢湖駅前にあるのと同じ十割そばの「そば五郎」もあり、日帰り湯&お蕎麦のプチ休息にも最適です。

Imgp4726玄関脇にあった旧看板。奧に見えるのが内湯の入り口 。

Imgp4669さて、部屋へ。部屋数は全九部屋。
部屋は2階の「山桜(さくら)」。
12畳超の広い部屋。畳も新しい。
二人で過ごすには充分すぎる広さ。

Imgp4670部屋には鍵の掛かる金庫も。

Imgp4671Imgp4672 洗面所(ドライヤー付き)、トイレ(温水洗浄付き)も申し分無し。

Imgp46732階の廊下もすこぶる広いです。
正面に見えるマッサージチェアは宿泊者は無料で利用できます。


他、鶴の湯への送迎を夜8時頃行っています(宿泊者は入浴料とも無料で利用可)。
今回自分たちはのんびり過ごしたかったので遠慮しましたが、これも魅力ある特典の1つ。
このクオリティで食事も悪くなかったし。まさに穴場中の穴場といえますね。
正直、余り紹介したくないほど気にいりました。
さて、次回はお湯のご紹介を。

駒ヶ岳温泉さんの楽天トラベル宿情報

駒ヶ岳温泉さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

盛岡つなぎ温泉 四季亭(3)

Imgp4593さて、評判のお食事。
こちらの宿は朝夕とも部屋食です。

Imgp4591食卓に置かれた 献立表。
季節の地の物を取り入れた阿部芳久料理長の渾身の一品がタイミング良く運ばれて来ます。

Imgp4590お酒は地元紫波の地酒、月の輪の「吟ぎんが」をチョイス。
ガラスの器も美しい~♪。

Imgp4594膳菜は菜の花芥子和え。

Imgp4595鮪(マグロ)、鱸(スズキ)、甘海老のお刺身。

Imgp4596鉢肴はクリームシチューパイ包み。

Imgp4597揚げ物は海老東寺揚げ、舞茸、獅子唐。
揚げたてでサクサクでした。

Imgp4592師走の鍋はロブスターを中心とした海鮮鍋。

Imgp4598変り鉢は牛肉のアスパラ巻き

Imgp4599「漬物が苦手」と伝えておいたので、代わりに出たサラダです。
無論美味しかったです。

Imgp4601_2ご飯は北寄貝のそぼろ付き。
椀は茸の味噌汁。

Imgp4602デザートはキャラメルタルト。
割とこれがしつこくなくて良かったです。


翌朝の朝食膳。
Imgp4609かなりクオリティ高し。

Imgp4605こちらも献立表付き。
 
やはり高級宿の「おもてなしの心」に感服でした。
普段はおいそれと泊まれるお値段ではないですが、今回のような限定プランの時などはお薦めですね。

盛岡つなぎ温泉 四季亭さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

盛岡つなぎ温泉 四季亭(2)

さて、こちらのお風呂はどうでしょう。
Imgp4573男性浴場は2階、女性浴場は3階にあり、造りは殆ど同じようです。

Imgp4574 Imgp4575

決して広くは無いですが洗練されていてアメニティも充実した脱衣所。
全23室だけの宿なので、他の宿泊客と出くわす事も少ないですね。

Imgp4577程好い温度に調整されてる8畳ほどの内湯。
アルカリ系の温まるお湯。
湯口でやや折出物が見られるものの無味無臭。
湯の花も見られませんでした。

Imgp4579 Imgp4578

シャワー付きでシャンプー、リンス、ボディソープの3ボトルが並ぶカランは5つ。

Imgp4585隣接する露天に出てみました。

Imgp4587こちらは半露天で6畳ほど。
内湯よりやや温めで、湯口付近で微かに硫黄臭。

Imgp4576泉質表示。
源泉名 つなぎ温泉混合泉の湯(至光の湯、新瑞光の湯の混合泉)
泉質 単純硫黄泉(低張性アルカリ高温泉)
源泉温度 65.3℃
pH 9.1

季節により加水、加温あり、循環ろ過あり、と表示されていました。

盛岡つなぎ温泉 四季亭さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

盛岡つなぎ温泉 四季亭(1)

今回ご紹介の宿は盛岡の奥座敷、つなぎ温泉にある「四季亭」。
じゃらんnetハイクラスの評価で4.8(12月7日現在)と、すこぶる評価が高い宿。
普段は中々泊まれない高級宿ですが、この度の20周年記念企画で平日限定の1泊2食15,750円という破格値で泊まることが出来ました。
さて、高級宿の「おもてなしの心」とは・・楽しみ~♪

Imgp4564チェックインが18時を回ってしまったのに温かく迎えて頂き恐縮でした。遅くなる旨1時間前に電話した時の応対もとても丁寧で流石高級宿、好感が持てました。
車寄せではキーを預けるだけ。

Imgp4611チェックインの応対も丁寧。記帳と館内の説明は部屋で客室係さんが対応客室係さんがとても素敵な方でした。
立ち振舞いも説明も、配膳時に何気なく伺ったNHK連続ドラマ「どんど晴れ」のロケ時の逸話なども笑顔で丁寧に答えてくださったり。
お若いのに社員教育が行き届いているのか高級宿の雰囲気を見事に引き立てていましたね。それでいて高級宿にありがちな偉ぶったそぶりが微塵もなかったです。これは他のスタッフも同様。感服しました。

Imgp4569通されたお部屋は2階の「さざんか」。
12畳の広縁付き。

Imgp4570お花が床の間に活けてあったりしてなかなか高級感あり。

Imgp4571部屋の窓からは
大きくはないが美しい中庭が望めます。

Imgp4565 Imgp4567

洗面所、トイレも清潔。
便座は勿論温水洗浄。

Imgp4568アメニティも充実。
部屋にはソーイングセットまで。都内の一流シティホテル並。

Imgp4566 Imgp4603冷蔵庫の空きスペースも充分。
その日の夕刊、翌朝の朝刊のサービスも。
しかもしっかりビニール包装されていました。

さて、次回はお風呂へ。
 

盛岡つなぎ温泉 四季亭さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

台温泉 炭屋台の湯(4)

朝夕とも部屋食。
夕食は温かいものは温かいうちに1品づつ運ばれてくる創作会席膳。
苦手なものは事前に連絡しておいたので一切無し。

Imgp4539夕食膳、この日のお品書き。

Imgp4530突き出しは
里芋餡かけにとびこ(トビウオの卵)が。

Imgp4531お造りは
鮪、カンパチ、ヒラメ、ぼたん海老。

Imgp4532前菜三品。
長芋いくら掛け
白金豚ソーセージ
ホタテ 春菊 なめこのお浸し。

Imgp4533焼き物は
牡蠣二色田楽焼き。

Imgp4537強肴。
白金豚ローストはトマトソースで。

Imgp4538ご飯は岩手県産ひとめぼれ。
芋の子汁も美味しかったです。



Imgp4549翌朝の朝食膳。
こちらもお部屋で。
満足のいくレベルでした。


流石平日は混んでいないせいか細かなサービスが嬉しいですね。
全体にレベルが高い宿。
強いて難点を挙げれば、木造家屋ゆえ足音が響く事。
まぁそれも味の内かも。あと、トイレ付きの部屋が少ない。
トイレ、洗面所までの導線が複雑で段差があるので夜トイレにいく時などはチト辛かったです。
それでも充分価格以上の宿だと思います。

台温泉 はな台の湯さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

台温泉 炭屋台の湯(3)

Imgp4527さて、女湯側。

Imgp4525Imgp4526脱衣所の仕様はほぼ一緒ですが、やや狭い感じ。

Imgp4523畳み2畳程の広さ。こちらは100%掛け流し。
貸切で二人で入るなら丁度良い広さですね。

Imgp4524カランはこちらも4基。シャワー付き。シャンプー、コンディショナー、ボディソープ付きも男湯側同様です。

Imgp4522泉質
源泉名 台温泉(新湯)
含硫黄-ナトリウム-硫酸塩 ・ 塩化物泉(硫化水素型)
低張性弱アルカリ性高温泉
源泉温度 96℃  pH8.2


次回は食事篇。。

台温泉 はな台の湯さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

台温泉 炭屋台の湯(2)

Imgp4508さて、大浴場へ。
それにしても男女浴場とも丸々貸切りなんて初めて。

Imgp4509 Imgp4510男湯側の脱衣所。脱衣籠と洗面台、という一般的なレイアウト。タオルは使い放題のよう。

Imgp4512内湯のみのシンプルな造り、木目で風情はあり。
こちらは掛け流し循環併用のようです。
温度管理されていて湯加減は丁度良い感じ。

Imgp4518この日は掛け流されていたようです。
僅かながら硫黄臭もあり。

Imgp4520湯の花もご覧の通り。消しゴムカス状。

Imgp4514カランも全てシャワー付きで、
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ付き。

Imgp4541朝方は一旦全部お湯を抜いて清掃するため、ご覧の様に派手にお湯が出ていました。

泉質
含硫黄-ナトリウム-硫酸塩 ・ 塩化物泉(硫化水素型)
低張性弱アルカリ性高温泉
源泉温度 96℃  pH8.2


次回は女湯側へ。。

台温泉 はな台の湯さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

台温泉 炭屋台の湯(1)

Imgp4498性懲りも無くまた台温泉へ。
すっかりこの温泉地の静かな佇まいが気に入ってしまいました。

Imgp4499今回は平日でさらに人影もまばら、というか宿も自分達の予約だけ。
貸切で本当にのんびりさせてもらいました。

Imgp4548

Imgp4529Imgp4528玄関回りの佇まい。
ここ炭屋台の湯さんの館内は全て畳敷きでスリッパが無いので畳の感触が和みます。

Imgp4504Imgp4502廊下もお休み処もご覧の通り畳敷き。

Imgp4500さて、お部屋は6畳敷きの狭い部屋を予約したので期待してなかったんですがこの日は自分達以外に宿泊が無いとの事で、なんと次の間付きの8畳+6畳のいいお部屋にアップグレードして頂けました。

Imgp4506やっぱ平日に来るといい事ありますね。

Imgp4501お布団もフカフカのがもう敷いてありました。

Imgp4507トイレ、洗面所は安いプランなので部屋には付いてなかったけど
冷蔵庫はあり。

Imgp4505離れていて不便でしたが一応ウォシュレットでした。

さて、次回はお風呂へ。。

台温泉 はな台の湯さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »