« 乳頭温泉郷 大釜温泉(1) | トップページ | 乳頭温泉郷 大釜温泉(3) »

2007年10月 2日 (火)

乳頭温泉郷 大釜温泉(2)

さて、っと評判のお風呂。
Imgp3726日帰り客の帰った後は良質の掛け流し湯を独占できます。
人気の乳頭温泉郷とあってこの日は15時30分すぎでも若い女性の団体が訪れていました。




泉質表示。Imgp3727

Imgp3728源泉名 大釜
源泉温度 94.7℃
pH 2.58
泉質 酸性・含鉄(II)-アルミニュウム-硝酸塩泉
(旧泉質名:酸性含鉄明礬泉)



まずは男湯側から。Imgp3729脱衣所も綺麗だ。
全般的に言えることですが、校舎の古い佇まいは主に外観だけ。
中は意外に新しいもの。
鍵付きロッカーは無し。

Imgp3730内湯の広いこと・・洗い場、踏み場が殆どないです。
浴室一杯に15、6人は楽に入れそうな長方形の湯船。
結構水深もあり、まるでプールのよう。

Imgp3731源泉温度が熱いので、加水は止む無し。
木をくり抜いた樋が湯口。左側の細いパイプが沢水。
ネット上の評判では“熱い湯”とあったけど、どっこい適温。
微妙に熱めだが温度管理されているようで適温の範囲内。

Imgp3733ここの硫化水素臭は鶴の湯系とも水沢温泉系とも違う感じ。
硫黄臭+鉄サビ臭の混ざった様な。
お湯の色は青み掛かったグレーと茶の混ざった濁り。
舐めると酸っぱい。 入った感じは何処のお湯とも違う感じ。
強いて言えば酸ヶ湯あたりに近いかも。

Imgp3742ピンボケで失礼。。
湯縁に付いていた折出物。
酸化した金属成分(緑青?酸化アルミ?)なのか緑色しています。
いずれにせよ、成分の濃い~~お湯ですね。

Imgp3734
ガス抜きの高い天井。
開放感があり、実に和む。
ちなみに浴室入って右手側は駐車場側なので
立ち上がると格子越しに男湯は結構見えちゃうかも。
勿論人通りは少ないですが。

Imgp3743湯量は豊富で外に滔々と掛け流されていました。


Imgp3732狭い洗い場にカランが2つ。
シャワー、石鹸はあるが・・
シャンプーが・・無い。。
宿泊者専用のようで、夕方5時過ぎになると置いてありました。

Imgp3735次回は内湯に続く露天へ。

乳頭温泉郷 大釜温泉さんの楽天トラベル宿情報


乳頭温泉郷 大釜温泉さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 乳頭温泉郷 大釜温泉(1) | トップページ | 乳頭温泉郷 大釜温泉(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乳頭温泉郷 大釜温泉(2):

« 乳頭温泉郷 大釜温泉(1) | トップページ | 乳頭温泉郷 大釜温泉(3) »