« 小安峡温泉 松葉館(3) | トップページ | 鎌先温泉 すゞき屋(1) »

2007年9月21日 (金)

鳴子温泉 滝の湯

Imgp3524鳴子フリークならずともお馴染みの超有名立ち寄り湯。文句なしに鳴子の名湯の一つでしょう。
中心街のさらにど真ん中に位置するアクセスも抜群。
今更だが、今回の二泊三日の旅行で改めて一番のお湯は?と問われたら迷わず「滝の湯」だなぁとつくづく・・。



Imgp3523訪れたのは1泊目の金曜日。
ますやさんの夕食が終わった後の20時30分頃。
ちょうど客が途切れて貸切状態に。
あちこちのお湯に浸かったけれど、ここの泉質、湯舟、雰囲気がダントツに好きですね。

Imgp3510総ヒバ作りの浴室。無論湯舟も木枠。
白濁のお湯と香ばしい硫化水素臭はいつもながら心地よいです。
貸切ならば尚のこと。

Imgp3517滔々と流れ落ちる樋からの源泉のお湯の音以外聞こえない。
夜の滝の湯を独り占め出来た幸せ。

Imgp3515
奥側(手前の大きな湯舟よりぬるめ)で、打たせ湯に暫し打たれて肩こりをひたすら解させてもらいました。
飛沫が目に沁みるのも悪くないですよ。
まさに、湯治ってこういうものなんだなぁ、と一人感じ入る・・。

Imgp3513カランも一応あるにはあり。

Imgp3514
時間帯も曜日も良かったのでしょうね。
紅葉時期の週末はこうはいかんでしょう・・きっと。
過去数回入ったが、いつも混んでましたから。

Imgp3525帰りに向かいのお土産屋さんの看板にゃんこにご対面。
やっぱ、鳴子ってイイよなぁ。。


Imgp3520
言わずもがな、の泉質表。


鳴子温泉 滝の湯
源泉名:有下地獄混合源泉・温泉神社硫黄泉 混合泉
泉質: 酸性含硫黄ナトリウム・アルミニウム・カルシウム鉄(Ⅱ)硫酸塩泉(硫化水素型)
泉温:46.2℃ pH 2.8

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 小安峡温泉 松葉館(3) | トップページ | 鎌先温泉 すゞき屋(1) »

コメント

おお!滝の湯貸切状態とは何とも羨ましい限りでございます。
ココの湯で髪を洗うとサラサラで気持ち良いんですよ。
ドライヤーが無いので夏限定ですが。。。
猫っちはいさぜんの甚内くんに似た模様ですね。

投稿: ぽち | 2008年9月 2日 (火) 23時05分

ぽちさんコメントありがとうございます♪
滝の湯は鳴子でも少ない酸性泉ですよねぇ♪
にゃんこは・・東鳴子のいさぜんさんのにゃんこと親戚なのかなぁ・・そこまでは不明ですが・・。

投稿: ばび | 2008年9月 3日 (水) 07時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113368/47371577

この記事へのトラックバック一覧です: 鳴子温泉 滝の湯:

« 小安峡温泉 松葉館(3) | トップページ | 鎌先温泉 すゞき屋(1) »