« ねまりこの宿 ますや(4) | トップページ | 秋の宮温泉郷 稲住温泉 »

2007年9月15日 (土)

ねまりこの宿 ますや(5)

さて、食事は朝夕ともは食事処「茶ろん(サロン)」で。今回はじゃらんNETの「ふたりで楽しむ湯の街♪カップルプラン」をチョイス。二人に1本ビールが付きました。

Imgp3637献立表はこんな感じ。

Imgp3494流石に吟味された内容で全体に好印象。

Imgp3497前菜の7種盛り。

Imgp3506ますやオリジナル 海鮮石焼汁。
これは圧巻でした。


Imgp3496お造り。
特に旬の秋刀魚は脂がのっていて刺身でも美味しいです。

Imgp3504鍋は三陸帆立のつみれ鍋。

Imgp3499

Imgp3503冷し鉢 鳥海蕎麦の実の入った竹筒に冷えた山芋すり流し(とろろ)を流し込み頂くユニークな逸品。

Imgp3501蒸し物はお馴染み茶碗蒸し。
特に変わり映えは無し。

Imgp3502珍しい芭蕉焼き。
魚介類を朴葉味噌で。

Imgp3505洋皿は津軽林檎のグラタン。

Imgp3507デザートはメロン、イチゴ、マンゴームース。






翌朝の朝食膳。Imgp3540

Imgp3543豚汁も付く。

食事は彩りも豊かで味もどれも悪くなかったです。
強いて言えば山の物、地の物が少なかったかも。
お湯がイマイチでしたが、高級宿にふさわしいお持て成しは満足レベル。

大江戸温泉物語 鳴子温泉 ますやさんの楽天トラベル宿情報

大江戸温泉物語 鳴子温泉 ますやさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« ねまりこの宿 ますや(4) | トップページ | 秋の宮温泉郷 稲住温泉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113368/47371571

この記事へのトラックバック一覧です: ねまりこの宿 ますや(5):

« ねまりこの宿 ますや(4) | トップページ | 秋の宮温泉郷 稲住温泉 »