« 元湯 猿倉温泉(4) | トップページ | 十割そば処 そば五郎 »

2007年9月 4日 (火)

元湯 猿倉温泉(5)

さて、評判の良い猿倉温泉さんの食事はというと・・。

Imgp3410無理を言って献立表を頂けました。

Imgp3392お酒は地元の「駒泉の辛口」をチョイス。

Imgp3390お膳はこんな感じ。
前菜(中央)のミズと秋刀魚の檸檬添えがイイ感じ。

Imgp3395いちじく林檎酢漬け。
面白い味。箸休めに爽やかな感じ。

Imgp3396地元の和牛はみそだれで。
固めのお肉を叩いて柔らかくしてありました。

Imgp3393冷茶碗蒸し金箔ゼリー載せ。
手が込んでいて味も悪くない感じ。

Imgp3391岩魚の化粧焼き。
冷めていましたがまずまず美味しかったです。


Imgp3394揚物は
まいたけ、ししとう、ひめたけ、蝦長芋大葉巻。

Imgp3397吸椀は好物の蝦しんじょう。

Imgp3398甘酒も付きました。意外に美味しかったです。

翌朝の朝食膳。
Imgp3402味はまぁまぁ。ご飯が美味しかったですね。

Imgp3399スタッフの皆さんと。
ご主人はじめ、皆さん気さくで優しい人柄でした。





Imgp3400部屋に備え付けのイグサの草履。
もちろんお持ち帰りできます。履き心地はスリッパよりずっと快適。
重宝しそう。



総合的にはまずまず良かった宿。とかく秘湯ブームで天狗になっている宿も最近多いと訊きますが、こちらは洗練されている中にもアットホームな感じ。強いて不満を上げれば、岩魚や天ぷらが温かければ尚いいかも。新館のトイレも温水洗浄便座付きなら尚良しなんですが・・。

元湯 猿倉温泉

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 元湯 猿倉温泉(4) | トップページ | 十割そば処 そば五郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元湯 猿倉温泉(5):

« 元湯 猿倉温泉(4) | トップページ | 十割そば処 そば五郎 »