« 新安比温泉(2) | トップページ | 新安比温泉(4) »

2007年7月25日 (水)

新安比温泉(3)

Imgp3214さて、「源泉大浴場・元湯」へ。

Imgp3215日帰り湯の入り口は本館からの連絡通路を降りて別館のB1。
結構遠いですねぇ・・。


入口にはスリッパが沢山あり。人気のぶりが覗えます。
夕方時を避け、撮影は日帰り客の去った夜を待って再度。

Imgp3229コインロッカーあり(お金は戻ってくるタイプ)。

Imgp3230パウダーコーナーのアメニティも充分。

Imgp3234泉質表示。 
源泉名 安比温泉(保戸沢の湯)
泉質 ナトリウム-塩化物強塩泉(高張性-中性-低温泉)
泉温 32.4℃ 使用位置 42℃
pH 6.9

先客が1人入っていらしたので、おことわりした上で、ノーストロボで撮影。

Imgp3232浴室内の右側半分が手前から水風呂、打たせ湯、泡風呂(ここまで沸かし湯)最後の1/4が源泉元湯。らくらく湯よりはずっと濃い赤茶色。入った感じはややピリピリと、何やら効きそう。使用位置はやや熱めに感じました。

Imgp3233流石に海水の2倍の塩分濃度だけあって、体が浮き加減に。
湯口を掬うとかなり塩辛い+鉄錆味。
洗い場の折出物も酸化で真っ赤。

Imgp3231カランは10個。リンスインシャンプー&ボディソープあり。
夕方に来た時はここが満杯の盛況でした。

他に露天風呂もあったがそちらも沸かし湯(循環+塩素消毒)だったので入ってません。

源泉元湯の湯上りはややべた付き感がある感じ。
湯冷めしにくく、汗が中々引かないです。
やや熱めということもあり、「らくらく湯」の方でのんびり長湯がお奨め。

次回は食事編。

新安比温泉 静流閣さんの楽天トラベル宿情報

新安比温泉 静流閣さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 新安比温泉(2) | トップページ | 新安比温泉(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113368/47371549

この記事へのトラックバック一覧です: 新安比温泉(3):

« 新安比温泉(2) | トップページ | 新安比温泉(4) »