« 大湯温泉 阿部旅館(1) | トップページ | 大湯温泉 阿部旅館(3) »

2007年6月21日 (木)

大湯温泉 阿部旅館(2)

さて、お湯かどうかと・・。

Imgp3024まずは日帰り客で賑わう露天へと・・。

Imgp3025味のある長い廊下を降りてゆく。

Imgp3026玄関先では見かけなかったお馴染みの提灯はここに。

Imgp3039脱衣所にあった効能書き。
広くない脱衣所は日帰り客で賑わっていたため撮影は断念。
泉質 単純硫黄泉  
源泉温度98度 pH 7.2 湯量 920リットル/分

まずは男湯側を・・。Imgp3027脱衣所を出るとまずある2畳ほどの内湯の浴槽。
湯加減は体感43℃前後。源泉温度が高いので加水してあるらしいです。

Imgp3028単純硫黄泉とあるが、硫黄臭はほとんどなし。
濁りも無く無色透明に近い。

Imgp3029洗い場はご覧の通り。シャワーなし。シャンプーなし。
宿泊者には専用の内湯が別にあり、そちらは後述するがアメニティは揃っていました。

露天へ・・。Imgp3033露天風呂は湯殿が2つ。手前の四角い方がこれ。
日帰り客が居たので全景撮影は断念。
内湯よりはやや熱めの湯。

Imgp3031

Imgp3036奥の川沿い側にある石造りの露天。
こちらはややぬるめ。

Imgp3030こちらが噂の川原湯。所々お湯が川床から沸いています。
入ってみたがもう少し暑くならないと増水の川水が冷たいですね。

大湯温泉 阿部旅館のYahoo!トラベル宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 大湯温泉 阿部旅館(1) | トップページ | 大湯温泉 阿部旅館(3) »

コメント

もう少し気温が上がらないと、川原湯は冷たいでしょう ただこれからは、“アブ”が出てきたりするので注意しなければ・・・

投稿: はるみこ | 2007年6月22日 (金) 06時28分

コメントありがとうございます。これからの季節、露天にアブはつきものですね。以前に行った湯田温泉の「ふるさと」の露天でやはりお尻をアブにやられて、直ってからも半年ぐらい思い出したように痒かった事あります。

投稿: ばび | 2007年6月22日 (金) 07時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大湯温泉 阿部旅館(2):

« 大湯温泉 阿部旅館(1) | トップページ | 大湯温泉 阿部旅館(3) »