« 後生掛自然研究路 | トップページ | 道の駅 雫石あねっこ  しずく庵 »

2007年6月13日 (水)

新玉川温泉

後生掛からの帰り道、アスピーテラインを引き返さずに国道341号線に抜けて、田沢湖方面を目指すルートをとりました。
帰りがけに玉川温泉に寄りたいと思ったから。

Imgp2889

Imgp2890生憎、玉川温泉は大盛況で駐車場が満車。交通規制が入るほど。
仕方なく同じ泉質の新玉川温泉に立ち寄り。

Imgp2891
入浴料大人600円とやや高め。
館内はやはりお年寄りが多い。
団体客が大型バスで来ているのか盛況でした。

Imgp2892Imgp2893大浴場へ。途中休み処は全面禁煙。
喫煙場所は専用の喫煙ルームがあり。

Imgp2894Imgp2895脱衣所はソコソコ広いです。

Imgp2896泉質表。
源泉温度 98.1℃ pH 1.2
泉質 酸性-含二酸化炭素・鉄Ⅱ・アルミニウム-塩化物泉
湯量も9,000L/分と豊富。


蔵王温泉のpH 1.6を凌ぐ強酸性泉ですね。

Imgp2898浴室内は撮影禁止のため案内図のみでご容赦を。
まず入った100%源泉は熱くはないものの、肌に相当ピリピリ来る感じ。
特に治りがけの傷口のカサブタがピリピリ。
飲泉も出来る。飲んでみたがかなりの酸っぱさ。


浴室はかなり広い。岩盤浴(温熱浴)も出来るらしいですが、その後は50%の湯で暫し寛いで早々に出てきました。
600円でこれだけ色々入れるのだからお得な気もするんですが、全てのお湯を堪能するには、やはり泊りがけかも。自分的には後生掛のように宿泊者専用の小浴場が部屋の近くにポンとある宿の方が気がねなくて好きですが。

Imgp2915田沢湖へ抜ける途中、国道沿いの宝仙湖、玉川ダム付近に立ち寄り。
天気が良くて水面が綺麗でした。

日本の山岳温泉リゾート 新玉川温泉さんの楽天トラベル宿情報

新玉川温泉さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 後生掛自然研究路 | トップページ | 道の駅 雫石あねっこ  しずく庵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新玉川温泉:

« 後生掛自然研究路 | トップページ | 道の駅 雫石あねっこ  しずく庵 »