« 後生掛温泉(1) | トップページ | 後生掛温泉(3) »

2007年6月 9日 (土)

後生掛温泉(2)

まずは宿泊者専用の小浴場のご紹介を。Imgp2776
本館2階から短い渡り廊下で繋がっています。
自分たちの角部屋はこの画像の右手側。
従って小浴場まで1分と掛からない位置。
本当にいい部屋に当たって良かったです。

Imgp2777湯上り処には新型のマッサージ機(なんと無料)も。
左手に見える階段を下りると・・。

Imgp2778階下にすぐ暖簾が見えてきます。

Imgp2779泉質表。
源泉名 オナメ、モトメの湯
泉質 酸性-単純硫黄泉
泉温88.4℃ ph 3.2

Imgp2781脱衣所は広くはないものの、ドライヤー、洗面所も完備。
構造は男女同じの様で入れ替えは無し。

Imgp2782湯船は3畳ほど。程好い硫黄臭。

Imgp2785湯淵からはお湯がとうとうと掛け流されています。
成分が洗い場に沈殿して足跡が付くほど。

Imgp2788 Imgp2783

湯口の温度計は43℃に。
湯船側は41、2℃と長湯の出来る適温。
掬って飲んでみると酸味+やや鉄分味。

Imgp2784Imgp2791カランは3つ。宿泊者用なので充分。
シャワーは男湯側には無かったが
カミサンの報告では女湯側には1つあったそう。
リンスインシャンプーとボディソープ、後生掛オリジナル「泥せっけん」も。

Imgp2790この小浴場、宿泊者専用なので殆ど他の客と出くわす事は無し。
部屋からも近いので、就寝前、早朝と、ひっきりなしに利用。
肌当たりが良く、汗引きの早いサッパリ系の泉質も含めてすっかりお気に入りになってしまいました。
ここに入れれば大浴場に行かなくても泊まる価値ありかな?
・・・続く。

後生掛温泉さんの楽天トラベル宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 後生掛温泉(1) | トップページ | 後生掛温泉(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後生掛温泉(2):

« 後生掛温泉(1) | トップページ | 後生掛温泉(3) »