« 高湯温泉 | トップページ | 湯田川温泉 湯どの庵(2) »

2007年5月 9日 (水)

湯田川温泉 湯どの庵(1)

連休前半は高湯温泉~湯田川温泉への二泊三日のプチ旅行。
福島飯坂IC~村田JC~山形道に入り、鶴岡ICへ。
間に道の駅「月山」の中にある「そば処 大梵字」でざるそばを。これは美味しかったです。

Imgp2340湯田川温泉 湯どの庵さんは日本秘湯を守る会の宿。
見たところ歴史ある建物ですが、最近リニューアルされたらしく、館内は今風和モダンなお篭り系デザイナーズ宿になっています。

Imgp2341玄関にはいつもお馴染みの大提灯が。

Imgp2342チェックインはロビーの一角で休みながら。
お茶のサービスあり。
館内のご案内もここで。

チェックイン14時、チェックアウト11時。


スタッフは見回す限り若い女性ばかり。ユニフォームはアジアンテイストのソムリエ風。
フロントスタッフが、食事の支度から周辺観光の相談にものってくれます。
荷物はエレベーターまで運んでくれるものの、以降は一切構われません。
しかし愛想は良く、好感度は悪くない感じ。
お篭り系宿がお好きな方には向いています。

Imgp2350窓に面したロビーの一角から日本庭園を望む。

Imgp2348和モダンでシックな館内。

Imgp2347光のコントラストの演出が今風。
アートギャラリーの様相。

Imgp2343お部屋は8畳ほどの和洋室。
お二人様専用のお篭り系。


Imgp2344アメニティも豊富。シティホテル並み。

Imgp2345お手洗いは洗浄便座乾燥機能付き。

Imgp2346洗面台周りもお洒落。
オリジナルの手作りハンドソープがあり。




さて次回はお風呂のご紹介を・・続く。

湯どの庵さんの楽天トラベル宿情報

湯どの庵さんのYafoo!トラベル宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 高湯温泉 | トップページ | 湯田川温泉 湯どの庵(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113368/47371485

この記事へのトラックバック一覧です: 湯田川温泉 湯どの庵(1):

« 高湯温泉 | トップページ | 湯田川温泉 湯どの庵(2) »