« 鳴子温泉 大正館(3) | トップページ | 蔵王温泉 おおみや旅館(1) »

2007年4月 2日 (月)

鶯宿温泉 長栄館

1月に続き定宿長栄館さんにまた来てしまいました。
この日は本当は出番の日で仕事だったはずが急遽お休みの連絡が前日に入り、
「どこか今から予約できるところは?」と電話してみたら1部屋だけ空きがあり、
ラッキー♪
自分的にはやはりここが原点というか、ベンチマークです。
フロント係さんも部屋付けの客室係さんもみなさん顔馴染みで、落ち着きます。
居心地の良さは比類なき存在です。

Imgp2017
いつもの玄関前です。

Imgp2018広縁付きの12畳の部屋。
休前日で部屋だしで、友の会ゴールドだと一人1万円!


Imgp2020窓からは名残雪もチラホラ。

Imgp2021
強いて不満をあげるなら、部屋の冷蔵庫の空きスペースが少ない事。
冷蔵部上の段の缶ビール3本が持ち込み分です。

Imgp2022夕食膳は春のメニューに。

Imgp2023最初に運ばれてきたお膳。

Imgp2025お造りの三種盛り。

Imgp2030台の物、金目鯛のしゃぶしゃぶ。

Imgp2028中皿、和牛バラ肉と大根の煮込み。

  Imgp2031蒸し物、羽二重蒸し、甘鯛、山葵、琥珀餡。

Imgp2026焼き物、筍生雲丹焼き、菜の花黄味辛子漬け。

Imgp2027酢の物、すずき洗い、蛇腹胡瓜、茗荷、辛子酢味噌。

Imgp2032揚げ物(メニューにない)季節の山菜の揚げ物。
これは春を味わう妙でした。

Imgp2033椀物は南部地鶏のひっつみ。

Imgp2024筍の炊き込みご飯。

Imgp2034水菓子は苺。春のメニューらしさが。

Imgp2036翌朝の朝食メニュー。

Imgp2037朝食膳。いつもながらここのご飯は美味し~い♪。



浴室は前回詳しく取材しているので割愛。
この日は満室で大浴場、露天とも宿泊&日帰り客でごった返していて撮影もしていないのでご理解を・・(@_@;)

鶯宿温泉 長栄館さんの楽天トラベル宿情報

鶯宿温泉 長栄館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 鳴子温泉 大正館(3) | トップページ | 蔵王温泉 おおみや旅館(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶯宿温泉 長栄館:

« 鳴子温泉 大正館(3) | トップページ | 蔵王温泉 おおみや旅館(1) »