« 乳頭温泉 鶴の湯 | トップページ | 鳴子温泉 大正館(2) »

2007年3月19日 (月)

鳴子温泉 大正館(1)

先月の「川渡温泉 旅館ゆさ」さん以来の鳴子温泉。通算10回目(川渡2、東鳴子2、鳴子4、中山平2)。ここんところ本当に鳴子フリークになっています。なんと云ってもお湯が良い。人柄が素朴で良い。アクセスが良い。値段が安い。

さて、今回選んだ大正館ですが、食事は折り紙つき。(この宿の矢内料理長は第18回全国技能グランプリ大会・日本料理職種部門第2位ほか受賞多数)。宿泊当日の朝お電話を頂き、苦手なものを予め訊いて頂いていたので、食事は全て平らげました。何といっても心遣いが嬉しいですね。
また、街中にあり、この宿のすぐ隣が有名な立ち寄り湯の「早稲田桟敷湯」という立地も良し。
料金はリーズナブル。文句なしでした。

Imgp1943
正面玄関前にて。
荷物を降ろしてキーを預ければ車は駐車場まで移動してくれます。

Imgp1945ロビーの様子。
決して広くは無いが綺麗で趣があり。

Imgp1946西館10畳の和室。広縁付き。
朝夕部屋出しで、料理長オススメのコースが
13650円(休前日税込)。

Imgp1947Imgp1950
冷蔵庫、洗面台、温水洗浄便座付き。
冷蔵庫の持ち込みスペースもソコソコあり。

Imgp1952部屋からの眺め。
この時期になって遅い積雪がありました。

Imgp1951
細い路地を挟んで早稲田桟敷湯へ通じる隣の坂道が見えます。



・・続く。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 乳頭温泉 鶴の湯 | トップページ | 鳴子温泉 大正館(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113368/47371452

この記事へのトラックバック一覧です: 鳴子温泉 大正館(1):

« 乳頭温泉 鶴の湯 | トップページ | 鳴子温泉 大正館(2) »