« 鳴子温泉 大正館(2) | トップページ | 鳴子温泉 大正館(3) »

2007年3月22日 (木)

早稲田桟敷湯

Imgp1975大正館の隣(正確には斜め後ろ)に「早稲田桟敷湯」があります。昭和23年に当時の早稲田大学の学生がボーリングの実習を行って掘り当てた湯らしいです。「滝の湯」と並んで鳴子では有名な立ち寄り湯の1つ。モダンな外観は平成10年に早稲田大学石山修武教授の設計、施工熊谷組で総工費1億7325万円で完成させたものだそう。

Imgp1976大正館向かって右隣にある坂を登っていくと徒歩で2、3分。

Imgp1978矢印があります。
Imgp1977迷路のよう。

Imgp1980にじり戸のような狭い入り口を開けると・・。

Imgp1981階段があります。まるでドラクエのダンジョン。

Imgp1983暖簾もモダン。

Imgp1982ロッカーもあり。

Imgp1984大人530円のところ、大正館の割引券で400円に。

Imgp1986脱衣所の雰囲気もどこか大学の体育館のロッカー風。
床暖房が入っていて、足元がポカポカしています。

Imgp1985泉質は
ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉 低張性中性温泉。
源泉温度98.0℃。 pH7.3

Imgp1990天井が吹き抜けていて気持ちがいい。
ヨーロッパのスパを髣髴させますね。

Imgp1988縦に突き抜けたデザインがモダンアートしていて「滝の湯 」とは対極の趣。
掛け流し、無ろ過なので硫黄臭が心地よい。お湯は透明に近い白濁。3本ある湯口で一旦お湯を冷ましているようで木枠の樋に湯の華が堆積していました。
泉温はやや熱めだが自分的には範囲内。浴槽は全部で6畳ぐらい。

Imgp1989カランにはシャワー、ボディソープが備え付けてありました。

Imgp1991浴室を出たところに掲示板があり、まるでキャンパスの様相。その中の一つに早稲田桟敷湯と大正館の位置関係が判るものがあったのでパチリ。

Imgp1992帰りに受付で再入浴券を頂きました。その日の内なら再入浴が可能。「午後10時までなので9時30分までに来てください」と言われました。夕食後にまた来れたので1回の入浴料はなんと都合200円!ラッキー!。

Imgp1994小雪舞う中、帰りの坂道。

Imgp1993外観がアートしてます。

Imgp1995すぐ大正館に到着。
さて、いよいよお楽しみの夕食膳が・・・続く。

鳴子温泉 大正館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 鳴子温泉 大正館(2) | トップページ | 鳴子温泉 大正館(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113368/47371454

この記事へのトラックバック一覧です: 早稲田桟敷湯:

« 鳴子温泉 大正館(2) | トップページ | 鳴子温泉 大正館(3) »