« 鶯宿温泉 長栄館(2) | トップページ | 四季彩の宿 ふる里(1) »

2007年1月18日 (木)

鶯宿温泉 長栄館(3)

さて、夕食は部屋食。
ここ長栄館は部屋出しにもこだわっています。

夕食膳は地物を活かした創作懐石。
1年を6等分し、季節毎に折々の味を楽しめます。

Yuusyoku20070102献立表は長栄館さんウェブより。

Imgp12131、2月の主題三品は 「河豚ちり鍋」「雫石牛焼霜造り」「黒豚万年煮」。

Imgp1223先附は河豚皮煮凝り。
美味しかったです。

Imgp1222吸い物。
土瓶蒸し。椎茸、地鶏、霞葱。

Imgp1217お造りは三種盛り。

Imgp1221台の物。
河豚ちり鍋。

Imgp1219煮物。
黒豚万年煮。

Imgp1225蒸し物。
白魚抹茶豆腐。

Imgp1218焼き物。
雫石牛焼霜作り。

Imgp1216温向の練り豆腐は
蟹餡掛けと山葵。

Imgp1224酢の物。
貝柱と海老のサラダ。
フルーツトマトにバルサミコ酢で。
これも美味でした。

Imgp1226水菓子(デザート)。

以上、夕食膳はかなり高いレベル。



加えて特筆は朝食。Imgp1227場所は朝食会場だが9時までに行けばよいので朝寝坊も○。
バイキングではなく、個々のテーブル椅子席で。

食材が吟味されていて温かいものは席に着いた時点から温かいまま出てきます。タイミングも良いです。

Imgp1228ご飯がともかく美味いです。
いつもついついお替りしてしまいますね。
紀州の梅干も梅干嫌いの自分が絶賛する美味しさ。


お給仕スタッフの目配せが利いているので、お替りもしやすく好印象。
今まで泊まった宿の中で和朝食ナンバー1は間違いなくここ、長栄館さん。

鶯宿温泉 長栄館さんの楽天トラベル宿情報

鶯宿温泉 長栄館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

|

« 鶯宿温泉 長栄館(2) | トップページ | 四季彩の宿 ふる里(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶯宿温泉 長栄館(3):

« 鶯宿温泉 長栄館(2) | トップページ | 四季彩の宿 ふる里(1) »