« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月29日 (日)

八幡平ハイツ

八幡平市松尾にある八幡平ハイツさんに泊まってきました。
Imgp0710 玄関前です。
フロント係さんの応対も笑顔でかなり好印象。館内はバリアフリー。


Imgp0711 お部屋も素晴らしく、広くて快適、


Imgp0713 ベランダからの紅葉のお庭も良かったです。


Imgp0715 お風呂もさほど期待してなかったんですが、循環加水式の割にはしっかり硫黄臭も残っていて、定期的に松川からのお湯をこまめに入れ替えているのが感じられ、合格レベル。


Imgp0717 食事も豪華で、流石前沢牛のお肉の質も、その他の料理も期待通りでした。チェックアウト時も車が出るまで見送って下さり、頑張ってる感がありました。ハイシーズンのピーク時で満室のようでしたが総じて従業員さんの印象は良かったです。季節を変えてまた来たいですね。


Imgp0718 最後の画像は松川大橋から見た松川地熱発電所です。

八幡平温泉郷 八幡平ハイツさんの楽天トラベル宿情報



八幡平ハイツさんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八幡平~藤七温泉

Imgp0689八幡平アスピーテラインへ。

Imgp0691

Imgp0690頂上付近は紅葉はもう終わってましたね。



Imgp0704

Imgp0703

Imgp0705むしろ下っていった帰り道の樹海ラインの下の方が素晴らしく綺麗。途中車の前に野兎も横切りました。


Imgp0693 さて、お目当ての藤七温泉です。


Imgp0692玄関前です。




本物の温泉!硫黄臭がプンプン。Imgp0698

Imgp0696

Imgp0699

Imgp0694

Imgp0697濃厚で湯の花タップリです。露天は混浴と男女それぞれ。内湯、露天とも野趣タップリです。湯銭500円。カミサンは女性用に、自分は山腹の只中(降りてくる道路から丸見え)に点在する野天に。温度は手前が42,3度で丁度良く、先に点在する小さめの湯は45、6度前後と高めでした。またこれが、本当に湧出しているので、いわゆる“湯口”がなく湧出地点にスノコを張り巡らしていて、あちこちからボコボコ沸いてます。下手に座り処を間違えると“アチチ”状態に。。ん~本物って凄い。。   


藤七温泉 彩雲荘

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩手・八幡平・安代周辺おすすめスポット

Imgp0686今回は紅葉狩りと洒落込んで紅葉真っ盛りの、岩手、秋田に跨る八幡平アスピーテライン方面をツーリング。夜は東八幡平で温泉お泊りのコ-ス。
まずは安代で有名な「田山ドライブイン」の「きのこラーメン」を。これが絶品。天然物100%のきのこから出るダシが旨味タップリでした。思わず写真を撮るのも忘れて完食。お店の画像だけでご容赦を。

Imgp0687その後これまたお気に入りのお豆腐屋さん「ふうせつ花」に立ち寄り。




Imgp0688緑豆湯葉(超おすすめです!)とおからドーナッツを買い、アスピーテラインを目指しました。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

奥土湯温泉 鄙(ひな)の宿 東海温泉

宿のクチコミ評判も抜群に良く、しかも滝の観られる絶景露天の宿という事で出かけてみました。

Imgp0667玄関前です。

噂どおり、きさくな専務さんはじめ従業員の方はとても親切で笑顔が気持ち良く、ホスピタリティは大ホテルに引けを取らないものでした。


Imgp0668お部屋は4階の中央で眺めも良く、お風呂も噂通り快適で絶景でした。



Imgp0670内湯の様子。ガラス張りで明るい浴室です。



Imgp0679

Imgp0683こちらは滝見の露天風呂。
内湯、露天とも適温で源泉掛け流しでした。

強いて挙げれば内湯が狭く洗い場が二つしかないので、好きな時間においそれと入れず、階段の上り下りと相まってややストレスを感じたことです。

Imgp0676夕食膳は個室で“温かい物は温かいうちに食べていただく”の方針でとても美味しく頂きました。特に平日限定の牛肉のデミグラスソースは絶品でした。

Imgp0684朝食膳もとても美味しく頂き、チェックアウト時も専務さん自ら見送っていただきました。

カミサンはアイドル猫「アイちゃん」に逢えたのが嬉しかったようです。自分は噂の美人若女将にお会いできなくて残念でしたが、とても気持ち良く過ごせました。

また機会があれば来てもいいかと思わせる宿。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東根温泉~天童市内

今回のプチ旅行は14日(土)山形県の東根温泉、「よし田川別館」~15日(日)福島県の土湯温泉の宿「東海温泉」と2泊して来ました。


Imgp0652合間に東根温泉の足湯や・・。


Imgp0660東根小学校の校庭にそびえる、国指定特別天然記念物の大ケヤキを見て・・。


関連リンク
さくらんぼ東根温泉


Imgp0665その後天童市内で「広重美術館」へ。。



Imgp0666お昼は有名なお蕎麦屋さん竹蔵蕎麦 やま竹 」で天せいろを。
結構混んでましたが待った甲斐があって美味しかったです。


Imgp0661午後はご贔屓の酒蔵メーカー「出羽桜酒造」さんの本社を訪れました。
本社では工場見学は公開しておらず、



Imgp0663隣の酒屋さんで限定物をお土産に2本買って。都合2時間余りの行程でしたが、それなりに楽しかったです。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東根温泉 よし田川別館

Imgp0646東根温泉の「よし田川別館」は最近のじゃらんnetのクチコミ総合4.4。
ポイント割引も使えるということで、ちょいと距離はありましたが、10月14日(土)に出かけてみました。

確かにクチコミどおり従業員の方々の接客もとても素晴らしく、お風呂も広くて快適でした。


Imgp0647お部屋も広く快適でした。




Imgp0655中庭も素晴らしかったです。


Imgp0650内湯です。

Imgp0649露天です。
循環式らしく塩素臭がかなり鼻につきました。



Imgp0656夕食膳です。


Imgp0658こちらは朝食膳。


お料理の内容は朝、夕とも値段相応かと。心を打つ内容とまでは行きませんでしたが、総合的には価格以上かな。
食事は朝、夕ともに部屋出しで久々にノンビリ過ごすことが出来ました。
強いて挙げるげるとすれば、お風呂がイマイチかな。

東根温泉 よし田川別館さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

小安峡温泉 湯の宿 元湯くらぶ

Imgp0614 メディアにも何度も取り上げられて有名なお宿の「元湯くらぶ」さんへ行ってきました。

Imgp0615お部屋はこんな感じ。


テレ朝系「みやこの宿かり日記」の竹内みやこさんほか多数のタレントさんの色紙が通路にずらり。で、いやが上にも期待度が高まり、お風呂へ・・。

Imgp0617

Imgp0625 ところがアレ~源泉掛け流しじゃない。。しかも加水循環。。
貸切風呂も露天を含めて4つもあるんですが、それぞれ50分1000円と有料
(露天は1200円)。まぁそれは良いとして、源泉掛け流しじゃないんだから、
と入る気にはなれませんでした。

台風一過で風も強く大浴場に付いている露天も天候のせいかイマイチ。。



Imgp0635

Imgp0634 食事も山菜を中心に皆瀬牛の刺身や陶板味噌焼きもまぁまぁ。皆瀬牛のステーキ+3000円もオプションで事前に頼みましたが、仙台牛や前沢牛に慣れている舌には少々ワイルドでした。塩加減も足りなかったし。ここはメディア先行の感あり、ですね。







翌日は気を取り直して小安峡の大噴湯を観て来ました。
Imgp0640 紅葉にはまだ早かったけど迫力ありました。



Imgp0643 帰りは有名な稲庭うどんの佐藤養助商店に寄って来ました。E90(新型3シリーズ)と偶然の2ショット。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

遠刈田温泉 旬菜湯宿 旅館大忠

じゃらんでも評判の高い、遠刈田温泉にある旬菜湯宿 旅館大忠さんへ。Imgp0572玄関前にて。



Imgp0579館内の廊下は畳敷きです。


Imgp0575今回お世話になったお部屋は10畳+広縁付。

Imgp0576もちろん温水洗浄機能付きトイレ、洗面台付きです。

建物は新しくないですが、手が加えられリニューアルされています。
マッサージチェアまでありました。





お風呂は全て源泉掛け流し。Imgp0581

Imgp0582

Imgp05962つの貸切風呂を含む5つのお風呂があり、どれも適温でまったりできました。
源泉名 遠刈田温泉
泉質 ナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉
泉温65.7℃ pH 7.0



夕食の様子です。Imgp0585

Imgp0588

Imgp0592旬の蔵王の恵みをふんだんに使った個性的な会席料理です。
特に宿名物の「きのこと竹の子の包み揚げ」は美味しかったです。






Imgp0606チェックアウトの際に女将さん、スタッフのみなさんと。


とても良いお宿でした。
お風呂も掛け流しにこだわり、女将さん始め従業員さんの応対も皆さんとても素晴らしかったです。食事も食材にこだわり、旬のものをタイミング良く給仕されていて満足できました。1つ残念だったのは夕食膳で「お萬菜」が沢山有ったにも拘らず、ご飯のお替りが出来なかった事。夜食のパン以前に白いご飯でもいいのでお替りが出来ると嬉しかったですね。



Imgp0608帰りに寄った蔵王のお釜です。
濃霧の中一瞬でしたが垣間見ることが出来ました。

遠刈田温泉 旬菜湯宿 旅舘大忠さんの楽天トラベル宿情報

遠刈田温泉 旬菜湯宿 大忠さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »