« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月24日 (日)

鶯宿温泉 長栄館

10

定宿にしている鶯宿温泉 長栄館さんです。



お風呂の様子。3男湯側内湯。


2男湯側露天。


4

5 こちらは女湯側(カミサン撮影)。
ここはお風呂も100%源泉掛け流し。温度管理もばっちり。

Imgp6872成分表。
肌に優しい弱アルカリ泉です。
源泉名 鶯宿温泉(こまちの湯)
泉質 単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
源泉温度 53.2℃ pH 8.3

7 夕食膳はこんな感じ。部屋食です。


8 夕食の献立表です。クオリティ高いです。


12

11 こちらは朝食膳。

6 フロント係さんも客室係さんもすっかり顔なじみ
でのんびり過ごすことが出来ました。友の会の会員になっていてもう通いだして3年は経ちますが、フロント係さん客室係さんもいつも変わらぬ笑顔の応対が嬉しい。今年はカミサンのリハビリ兼ねて3月から都合4度目の来訪。

居心地の良さは比類無き存在
です。自分的にはピカ1です。ホスピタリティにおいてここを超えるレベルの宿は未だに出会ってません。

鶯宿温泉 長栄館さんの楽天トラベル宿情報


鶯宿温泉 長栄館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

鳴子温泉 旅館すがわら

予てから行きたかった鳴子温泉の老舗旅館「すがわら」さんにやっと訪れることが出来ました。
Imgp05453連休の真っ只中のこの日はやはり満室でした。


Imgp0520屋内スペースに駐車させて頂きました。(*^_^*)



Imgp0546 玄関の様子。

Imgp0534 館内の廊下の様子。



Imgp0524 今回は特別室プランということで3階の専用内湯付きの一番いいお部屋に。ともかく広いです。縁側もいい感じ。
鄙びた中にも昔の格式が息づいている感じです。部屋に飾ってあった額には明治天皇がお立ち寄りになられたらしい事が書いてありました。

Imgp0558 こちらは部屋から部屋付きの専用内湯へ向かう廊下からの眺め。


Imgp0542 こちらが部屋付きの専用内湯。
もちろん100%源泉掛け流しのお湯です。



もちろん館内には他にもお風呂は数え切れないくらいあり。Imgp0539

Imgp0535

Imgp0554

Imgp0552 露天2、貸切半露天1、大浴場2、貸切内湯2、部屋の内湯1、時間入れ替えで全部入って思い切りふやけてきました。すべすべになります。
肌に優しい「重曹・食塩泉」の天然温泉(無循環・掛け流し)です。

Imgp0540源泉も自家源泉で、館内から湯煙が立ち上る湧出場所を確認できます。



Imgp0548 こちらが夕食膳。朝、夕とも部屋食です。
結婚記念日という事で、この日は通常の献立にプラスして宿からのご厚意で毛蟹が付きました。
が、これはちょっと日が経っていたのか身がグズグズでした・・。

Imgp0557翌朝の朝食膳。お詫びにとメロンのデザートが。
それを除けば、部屋良し。風呂良し。
鄙び感たっぷりで旅情をそそります。

鳴子温泉 旅館すがわらさんの楽天トラベル宿情報

伝統の宿 旅館すがわらさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

志戸平温泉 游泉 志だて(しだて) 

結婚記念日週ということもあり、花巻の「志戸平温泉 游泉 志だて」から「鳴子温泉 旅館すがわら」と2泊3日の温泉三昧プチ旅行に行ってきました。

Imgp0475 志だて(しだて)さんはこの春にオープンしたばかりの今風プレミアム旅館。いわゆる大人の隠れ家系お宿です。

Imgp0477 ロビー風景。


Imgp0478   全28室露天風呂付き客室で、この日お世話になった部屋はUD(ユニバーサルデザイン)に対応した客室Bタイプ。


Imgp0479 CDオーディオ、デジタルテレビ、マッサージチェア、空気清浄機を備えた和洋室。広さはともかく設備がすごい。CDも癒し系が部屋備え付けで何枚かあるほか、フロントで好みを貸し出してくれます。ホルストの“惑星”とモーツァルトのベスト集を借り、部屋付けの露天で“惑星”を楽しみました。

Imgp0493デジタルテレビも27型位の大きさでこの晩はシンクロワールドカップもハイビジョンで見れました。
従業員さんの応対も車寄せからフロント、客室までの案内も笑顔を絶やさずとても好印象。



Imgp0480 部屋のお風呂も源泉掛け流し。
温度も適温に調整されています。


Imgp0513

Imgp0487

Imgp0490 大浴場「喜久の湯」にある露天です。
こちらは日によって男女入れ替え。
各部屋にお風呂があるせいか空いていました。
ほとんど他の客と出会いませんでした。

源泉名 喜久の湯 
源泉温度 73.7℃ pH 8.2
泉質 ナトリウム-硫黄酸、塩化物温泉

営業時間 5:00~24:30(朝晩で男女が入れ替わります)
消毒処理には塩素を使わず天然塩を使用しているそうです。

さて、食事内容は・・。Imgp0494場所は夕、朝食とも食事処「風とオルゴオル」の個室にて。

Imgp0504こちらが夕食膳の献立です。


Imgp0495

Imgp0502

Imgp0497 ご覧の豪華さ、食材の吟味、献立の説明も出てくるタイミングも、お給仕の方の笑顔の応対も全て満足のいくものでした。


Imgp0507

Imgp0505 変わって翌朝の朝食膳。

Imgp0511 食後のラウンジでのコーヒーサービスも良し。
付かず離れず、しつこく構われない対応もまた良し。
お風呂も大浴場、露天とも満足いくレベルで申し分なしです。
今回は1泊28,350円(休前日、税込)のお部屋でしたが十分納得しました。
お勧めは「小宿倶楽部」という会員になっておく事。ポイントが溜まる他、年2回までの記念日月と自分の誕生日月に1人50%~25%offになる特典あり。(詳しくは志だてさんへ)
久々に好みの宿に出逢えました。
リピーターになる事請け合いです(*^_^*)

志戸平温泉 游泉 志だてさんの楽天トラベル宿情報

游泉 志だてさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

湯瀬温泉 湯瀬ホテル

湯瀬温泉郷にある「湯瀬ホテル」さんにお世話になりました。
Imgp0441玄関前の車寄せ。

Imgp0445自然庭園を望むラウンジの様子。
到着時のフロント係さんの応対、客室係さんも笑顔で素敵でした。


Imgp0443リーズナブルなスタンダードプランでしたがお部屋は景観抜群の瑞祥殿和室10畳+広縁付。
お掃除が行き届いて清潔で、かつ眺望も素晴らしかったです。






お風呂へ。。Imgp0448

Imgp0450露天を含め男女各3つありそれぞれ渓流のロケーションが楽しめました。1つ残念だったのは露天を囲うアクリル板が曇っていて立ち上がらないと眺めが楽しめない事です。


Imgp0471夕食です。ビュッフェスタイルで和食をメインに約35種類。
お料理もまずまず悪くない感じ。




Imgp0472夜の昔語りの企画も○、プール券(若しくはボーリング1ゲーム券)がついて夕食時のドリンク1杯無料券がついて総合的にこの料金なら◎。








チェックアウト後、ホテル周辺にある「湯瀬渓谷」を散策しました。Imgp0459

Imgp0465

Imgp0466

Imgp0470湯瀬渓谷は一級河川「米代川」沿いにあり、湯瀬ホテルから続く全長4.7㎞の散策道も整備されています。全てを歩くと約70分掛かるそうです。時間の都合で途中で引き返しましたが充分に景観を楽しめました。


コストバイヴァリューでお勧めの宿。季節を変えてまた来たいです。

四季彩り 秋田づくし 湯瀬ホテルさんの楽天トラベル宿情報

湯瀬温泉郷 湯瀬ホテルさんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

モルテンの湯 ドーミー倶楽部安比高原

Imgp0425

Imgp0426 安比高原ペンションビレッジの一角にあるおしゃれなプチホテル。
チェックイン時の応対の印象も○。


Imgp0427 部屋も清潔。
この手の宿泊施設は洋室が殆どですが、ここは和室も選べて○。


Imgp0431 さて、件のモルテンの湯。
ナトリウム-炭酸水素塩泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
ねっとりした柔らかい質感で、上がるとつるつる。
肌が弱くて先週行ったアイリスの泉質で負けた奥さんも肌が回復したようで、ここはすごいです。アトピーに効くようで、遠方からも長期滞在する人が多いらしいです。露天にはエゾリスが遊びに来たりで野趣満喫できました。


Imgp0436 夕食は「厳選☆岩手3大牛を炙り焼でグルメプラン☆」。

Imgp0437クチコミ評判通りで大満足。本当にお腹を空かして行かないと大変です。


Imgp0438 大食漢のウチでも結婚記念日ご用意頂いた最後のケーキはお部屋お持ち帰りでした。料金以上です。お勧めです。

※2012現在は経営が変わり「モルデンの湯 ラビスタ安比高原」となっています。

モルデンの湯 ラビスタ安比高原さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »