2018年7月16日 (月)

東武ワールドスクウェア

日光旅行3日目は・・。
Img_7782
東武日光駅前へ。




Img_7957
日産レンタカーで「NOTE e-POWER」を借りて周辺観光をしながらいろは坂を抜け、日光湯元を目指します。




Img_7958
最初に訪れた場所は「東武ワールドスクウェア」。
チケットは事前にコンビニでペアチケットを購入しておくとお得です。



Img_7964

Img_7968

Img_7972

Img_7974

Img_7980

Img_7982

Img_7986


Img_8000
言わずと知れた世界の名所がミニチュアで緻密に再現されています。
なかなか面白かったです。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

鬼怒川温泉 きぬ川 不動瀧(5)

朝食篇です。
Img_7946
前夜と同じ食事処にて。




Img_7948
献立表です。






Img_7950
お膳はこんな感じ。




Img_7951
サラダ、ボリューム半端ない(^^)/


地元産食材をふんだんに、バラエティ豊かでした。






Img_7953
デザートも。




Img_7955
食後はフロントにてコーヒーのサービスあり。
お部屋に持ち帰りもできます。




Img_7884
お世話になりました。
美味しいお食事と高いホスピタリティ。
鬼怒川の温泉街から少し離れた静かなお宿。
オススメです。

きぬ川不動瀧さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月14日 (土)

鬼怒川温泉 きぬ川 不動瀧(4)

さて、夕食篇です。
Img_7926
場所は食事処にて。




献立表です。

今回は旬の味覚を堪能する極上懐石プラン。
月毎の地元の最高の食材を贅沢に使った懐石膳です。






お料理を順にご紹介。。
Img_7927
前菜
胡麻豆腐 濃口餡 山葵
 蟹とマスカルポーネの塩辛 木耳金平
 セミドライトマト 伊達焼玉子 枝豆
 モロヘイヤ浸し 笹身塩酢煮 茄子寿司



Img_7933吸物
 地鶏と鰹節のおだし
 馬鈴薯 陸鹿尾菜 露生姜




Img_7935造里
 真鯛 烏賊
  アスパラガス 寝辣韮 山葵 土佐醤油
  汲上げ湯葉 生姜 大吟醸もろみ醤油
  


Img_7936蒸物替り
 とちぎ夢ポークの茄子餡かけ
  蕃茄飯蒸し 甘唐辛子金平


Img_7937揚物
 香煎揚げ
  ヤシオマスと海老の包み揚げ
   若玉蜀黍 茗荷 南瓜 おくら 藻塩




Img_7940
煮物
 とちぎ霧降高原牛の松葉独活巻き
  蕃茄 大根 お揚げ 莢隠元 和辛子




Img_7943
かて飯
  喜連川鮎と新生姜の御飯
香物
  大根 胡瓜 山牛蒡
止椀
  赤みそ汁 なめこ 三ツ葉 山椒



Img_7944甘味
 杏のシャーベット
   すずしろ飴湯煮 熟成本味醂琥珀寄せ

以上デザートまで。

お料理もさることながら、お給仕のタイミングもそれぞれテーブル毎に合わせてくれていたようで、文句なしでした。



Img_7945
さらに、お部屋に帰るとお夜食の準備まで!(^^)!



大変満足しました。
リピーターが多いのも頷けます。


次回は朝食篇です。

きぬ川不動瀧さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

鬼怒川温泉 きぬ川 不動瀧(3)

お風呂へ。
Img_7905

脱衣所の様子。




Img_7909

Img_7910
パウダーコーナーのアメニティも充実していました。



こちらのお風呂は渓流に面した男女別内湯1、露天1。


Img_7912

Img_7915
内湯の様子。






露天へ。
Img_7917

Img_7924
この季節は鬼怒川沿いの緑に癒されます。




ややトロリとした肌触り。
適温で塩素臭もなくゆったりできました。





Img_7906

源泉名 鬼怒川・川治温泉1・2号混合泉
泉質 アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性低温泉)
泉温 32.0℃
pH 9.1

次回は夕食篇です。

きぬ川不動瀧さんのじゃらんnet宿情報

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«鬼怒川温泉 きぬ川 不動瀧(2)